全国奇教特集「日本教」

三品純 By 三品純

今年は改元を迎える。日本という存在について考える機会も増えるだろう。かつて作家の山本七平は日本特有の和の精神を「日本人のうちに無意識に染み込んでいる宗教」として「日本教」という造語を用い説明した。しかし概念としてではなく「日本教」という新宗教団体が存在するのをご存知だろうか。正確には「革真宗教日本教」(岐阜県関市上之保)という。創価学会、天理教、立正佼成会など他団体に比べると知名度こそ劣るが、約10万坪の広大な敷地に信者の宿泊所まで抱えるのだ。なにしろ名称が「日本教」とダイナミックで新年向きかと思い、同本部を訪ねてみたが----。

日本教といっても初見の人が多いかもしれない。基本的には神道をベースにした新宗教である。創始者の千載ちとせ萬香美まかみ(本名・長谷部ため)は1897年、現在の関市下之保に生まれる。1917年、岐阜女子師範学校を卒業し同年、教師の長谷部良一と結婚し、夫婦ともに県内の小学校に勤務。1932年、夫の転勤に従い上京するが、その後父や母、姉らを亡くしまた次男も原因の高熱で苦しんだ。

施設前にある庭園。

こうした経験を通じて「神による神の御行」という独自の修行を行い、様々な神霊を体験するようになった。そして1940年、父神事代主大神が降臨し、人力を与えられたという。1952年、神道真言教会として宗教法人になり各地に「神謳会しんおうかい」「不双覚醒青年会ふそうかくせいせいねんかい」「星友子供会」が結成されていった。その後、教勢の拡大のために1956年に「日本教」と宣言し、1971年に現在の名称になった。萬香美の死後は三男の 豊魂(本名・長谷部日出彦)が教主となって教団を引き継いでる。

茂りなば枯れる秋来て枯れる故 稲穂尊し実りと知らん

砕かずば玉にはならじその球は やしま(八州)をつくる黄金の玉

尊しやみもすそ川も赤き血に 染めて知らせん神の誠を

黒き目は青きにならず共々に 助けてその美かおり放たん

これらは萬香美が詠んだ歌だが、第二次世界大戦の敗戦を予言したものだと解釈されている。教義としては神系の魂を持った人々による「神系国家」の樹立を目指すというのだが、最後の歌「 黒き目は青きにならず共々に」の節にある通り、世界の国の特質を認め、これを尊重し、共和の世界、世界建設を目指す考えがあるそうだ。その一方で、 萬香美は仏教も日本の親神が釈迦を通じて教えたものと説いていることから「習合的」な要素も強い。神道系の新興宗教によく見られる特徴だ。

さて読者諸氏は新宗教の施設に立ち入ったことがあるだろうか。意外と開放的な場合が多く県内だと同じく神道系の崇教真光は一種の観光スポット化している。ところがこの日本教は実に排他的、閉鎖的なのだ。本部の施設に入ろうとするとすぐに受付の職員に止められた。見学は原則、不可ということだ。

ゲート左の警備室で進入者をチェックする。

教団敷地内には「迎愛荘」と呼ばれる信者の宿泊施設もあり、生活スペースでもあることも理由の一つに挙げていた。出家信者もこの施設内で暮らしているのだ。教主に面談をしたい場合は受付で「御祈祷請願用紙」に相談事項などを書いて提出する。これを「桑麻の交わり」というそうだ。同じ岐阜県内の新宗教でも崇教真光の場合は宗教マニア、ブロガーといった人々が観光がてら訪問することもあるのに対して日本教は全く独自の道を歩んでいる。ある信徒の遺族は言う。
「敷地内には信徒の供養施設もあり、祭壇もあるがこうした閉鎖性がゆえか、親族や友人らがお参りに来ても容易に入ることはできません」

広大な敷地を石垣が取り囲む。

その他、神道系の新宗教と決定的な違いがなかなか見出せなかったが、あえてその独自性を挙げるとすれば「葬儀」だろうか。とにかく「葬式が異様なほど派手」という点で信徒や関係者は一致していた。

「葬儀場はまるでお祭りみたいな雰囲気。部屋中に花が飾られるんですよ。そして“ さようならーさようならーごきげんよー”と絶叫して送り出します。普通のお葬式しか知らない人が見たら本当に仰天するでしょうね」

最盛期の70~80年代は週末になると関東、関西ナンバーの車が本部前に列を成したというが、最近では随分、訪問客も減少したということだ。 おそらく信徒や教団関係者の高齢化も進んでいるだろう。しかし今後、教勢の拡大というのも難しい。少子高齢化は新宗教にとっても切実な問題のようだ。

バス停の名前にもなっている。

全国奇教特集「日本教」」への6件のフィードバック

  1. みっちー

    よくぞ記事にしていただきました。東海地方の親戚がここに入ってしまい驚きの連続でした。葬儀は紅白の幕です。昇天したからめでたいそうです。火葬した後の遺骨は捨てます。金ヅルにならなければ意味がないのでしょう。幼い頃から子供心に見ていて気持ちが悪い「神さん」(ここの人はそう言います)でした。

    返信
    1. 三品純三品純 投稿作成者

      紅白の幕ですか。それもすごいですね。私が聞いたのは商店街にありそうな
      八重桜の模造花が一面に飾られていたとか、まあそれはド派手らしいですが。
      出家信徒は施設内で居住しているということですが、どんな生活をしているか
      気になります。

      返信
  2. たくみ

    県道の橋に教祖の名前がついてたりすごいですね。
    教主はテニスがお好きなんですかね。

    返信
    1. 三品純三品純 投稿作成者

      教主といってももうずいぶんお年ですが。なんでも創始者の次男は
      高校で英語を教えていたとか証言もありましたが確認できませんでした。
      インテリ一族ではあるようです。

      返信
  3. みっちーさんへ

    遺骨は捨てる、というのは文化の違いでそういう民族って今でもありますよ。
    魂が人の根であるから、そのイレモノには関心がないという。
    日本人もちょっと前まではそんな感じだったのですけどね、裕福になってから骨とかいろいろ
    大事にするようになりました。
    お墓とかも、結局商売ですからね?高度成長期以前はこんなにまで墓乱立していなかったのです。
    土まんじゅうに目印のせて終わりです。

    さ、あなたも先祖供養にこの数百万円の石を…

    返信
    1. みっちー

      文化の違いかもしれませんが、身内としては悲しいです。その辺りの気持ちも分からない人に冷静にコメントされても。。。祖父母や近い親戚の遺骨が捨てられて穏やかにはいられませんでした。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です