差別をなくそう・部落探訪番外編
三郷町龍田大社大祭 二日目

By 鳥取ループ

※前編はこちら

龍田大社の祭りは二日間にわたって行われる。二日目は午後から宮入りの予定で、午前中は各町が太鼓台をあちこちに曳き廻していた。その度に道路は通行止めになるので、その日だけは自動車で三郷町を走るとあちこちで止めさせられたり迂回させられることになった。

下之庄の独特の文化について、もう1つの噂を聞いた。それは、「リポビタンDをコーヒーの代わりに飲む」というものである。リゲインでもアリナミンでもユンケルでもチオビタでもなく、必ず青のリポビタンというこだわりがあるそうだ。

確かに、「銀座通り」と呼ばれる改良住宅店舗群にある本田薬店には、栄養ドリンクはリポビタンDだけが数箱置かれていた。

リポビタンDを飲んで気合を入れ、祭りへ向かっていると、「みさと自治会館」(公民館)で下之庄の太鼓台を見つけた。早速、地元の方に祭りについて聞いてみた。

「今は台車で引いているけど、昔はかついで回っとった」

と言うのは地元の老人。他の自治会で高齢者が多いのは、若い人がやりたがらないだけでなく、むしろ高齢者の方が力がある、ということがあるという。一方下之庄では龍田神社の大祭は若者のためのもの…と言うよりも「子供の祭り」と考えられており、参加者はほとんど高校生以下だ。

青年団の団長を紹介していただいた。なぜ下之庄の参加者だけは飛び抜けて派手なのか、団長によれば、岸和田のだんじり祭りなど、他の地域の祭りを真似しているうちに、段々と派手になっていったのだという。別にヤンキーを気取ってというわけではないようだ。

その他、いろいろと噂されていることに聞いてみた。

「うちは、来る者は拒まずという考えですから。言いたい奴には言わせておけと思います。学校が荒れているっていうけど、それは学年によると思いますよ」

例の三郷町部落探訪の記事には有名な兄弟がいるといったコメントもされ、数々の武勇伝もメールで聞いているところだが、それも昔のことであるという。

「(ヤンキーと言われた人も)今は家庭を持って、真面目にやってますよ」

そして、三郷町で最もインパクトがあると思われる、「ふれあい交流センター」(隣保館)のスローガンについてはどうだろう。あれは、むしろここは同和だと主張するようなものではないか聞いてみると、こんな答えだった。

「別に異常だとは思わないですよ。ここは同和地区だということを言わずに、騙して家を売るような不動産屋がいて、家を買った後で同和地区と分かったら出ていくような人がいるんですよ。だったら、最初から分かるようにしておいた方がいいでしょう」

不動産屋が同和地区の場所を調べることを解放同盟が差別だと糾弾していることとは矛盾するような気がするが、確かにこれはこれで、一理ある考え方だ。同和地区は嫌だと思う人間は最初から近づかなければ、「差別事件」も起こらないだろう。ただ、そうは言われてもあのスローガンはインパクトがあり過ぎるし、未来永劫「ここは同和地区だ」ということを続けるわけにはいかないので、やはりあれは外したほうがよいのではと感じた。

そして、午後になって今日の宮入りが行われた。昨日は下之庄が一番手だったが、今日は最後。なぜ最後なのかというと、下之庄だけが台車を外して社殿まで駆け上がるらしい。

とてもユニークな入れ墨を入れた外国人観光客の姿も。

下之庄の宮入りの様子をパノラマ撮影した。今回の祭りのクライマックスである。ぜひ臨場感を感じて頂きたい。

下之庄について、事前に様々な噂を聞いていたが、事実であることも、そうでないこともある。例えば「独特の文化がある」というのは事実であろう。下之庄は確かに独特の雰囲気があり、独自の「お約束」があるようだ。また、地区が「同和」「部落」と思われているという意識も強く、そう意識させるような教育が今も行われていることは感じた。

「危険」ということについては、少なくとも今はそういうことはない。数年前の祭りで問題を起こして警察沙汰になったことがあったが、それは下之庄ではなく別の自治会のことで、下之庄については過去に様々なことがあったために警察の取り締りが強化されことから、下之庄の治安が改善し、むしろ周辺地域と逆転しているという声も聞かれる。

様々な悪評について、過去にあったという点は否定できないが、近年急激に変化しつつあるというのが下之庄の現状だろう。

差別をなくそう・部落探訪番外編
三郷町龍田大社大祭 二日目
」への20件のフィードバック

  1. .

    >同和地区は嫌だと思う人間は最初から近づかなければ、「差別事件」も起こらないだろう

    当人は同和地区に関心を持って近づいているのに、解放同盟のほうで嫌がって「差別だ」と騒ぐこともありますね。具体的には示現舎のことですが。

    この場合、解放同盟が示現舎を差別しているわけです。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      そうですね、あれこれ言うのは解放同盟だけでした。記事の通り地元住民は来る者は拒まずですので。

      返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      いろいろですが、例えば「1坪5000万円事件」というのがあったそうです。

      返信
        1. 鳥取ループ 投稿作成者

          私が聞いたのは、三郷中学校で女子生徒がレイプされて自殺したのを学校がもみ消したという話です。
          ただ、これも真偽は分かりません。自殺したと言う人もいれば、未遂で済んだという人もいます。
          いずれにしても、あったとすれば8年くらい前のことです。

          返信
        2. 鳥取ループ 投稿作成者

          あと警察が取り締まったというのは、いろいろ総合すると、薬がらみのことのようです。
          覚せい剤なのか、大麻なのかは、はっきりしないですけどね。
          その代替がリポビタンD…というのは私の勝手な想像です。

          返信
  2. .

    あの地域の公立学校はヤバイのでしょうか?あと特に有名なヤンキーはいるんでしょうか?

    返信
  3. .

    野本武一は関東地方で未組織の地区を見つけるとき白山神社を手がかりにしたそうですが、関東で白山神社があるからといって全てが部落というわけではない、これが自分には不思議です。

    部落に関係がある白山神社とそれ以外の白山神社を野本武一はどうやって見分けたのでしょうか。他の部落との通婚関係か、あるいは古文書か。

    文京区白山の白山神社は部落に関係があるという説もあれば、ないという説もあり、わけがわかりません。

    返信
  4. たか

    ここは22〜23の代が最悪で、彼らが暴走族を引退したり、シャブでパクられてからは静かなもんですよ。昔はとにかくタチが悪かったもん。シャブをキメてバイクでひったくりは当たり前。まー西成よりもヤバかったですよ。でもリーダー格がムショ送りにされてからはみんな一気に落ち着いたらしいです笑

    返信
  5. たか

    路上で花札賭博とか中学生が昼間から堂々とシンナー吸ったりしてましたね。とにかく三郷の中でも怖がられてて誰も近づきませんでしたね。この辺りは触らぬ神に祟りなしな地域です。今は本当にヤバい奴はみんな社会にいないんでかなり安全らしいです!

    返信
  6. たかこ

    中学の時ひたすら遊んでいて高校すら行かず犯罪に手を染めたんですね。この地域は改善はしているものの過去は最悪です。三郷町の中で一番ヤバいし、関わりを持つこと自体が危険な地域でした。何かトラブルがあれば親戚一族数十人で相手の家に押しかけるのは当たり前。押しかけに飽き足らず車や家にいたずらされたりもします。この地域に何も知らない人が引っ越して来たらまずその民度に吐き気と気持ち悪さを覚えるはずです。ここだけは絶対に関わってはいけない。何人も知らずに安い地価に魅力を感じたらしく新しい人が引っ越して来ましたが、今は1人も居着いていません。ここのヤンキーの大将の名ゼリフ「オマエら、ムラのもんけ?オマエんとこのメンタ、オレらでマワしたろけ!?シャブいらんか?あー?? オレわ三郷中最強やぞ?いてまうど!?メンタやらせろや!」10年前ここは人間の住む地域ではありませんでした。

    返信
  7. みみ

    2008年から2013年がこの地域の荒廃のピークです。有名なヤンキーがいてこいつがとんでもない犯罪行為を繰り返していました。今は一応は肉体労働に就いて落ち着いたようですが、未だにバイクで暴走する動画をSNSに投稿しています。どうせバイクも整備不良の無保険車でしょう。こんなやつらの車にぶつかられたら大損します。無保険、無自賠責保険、下手したら無免許で盗難車。そういう意味でもこういった地域とは関わり合いにならないことに越したことはありません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です