学術・研究:部落探訪(238) 長野県 佐久市 小田井荒田

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 啓発センター

佐久市の中山道沿いに部落がある。戸数は37、農業・藁工・日雇労働をやっていたと記録にはある。前回紹介した平賀北口は街道の裏手だったが、こちらは街道に面している。

小田井は中山道の宿場であるから、この荒田部落は街道に関係した役目を負っていたのだろう。

例によって同和対策集会所を訪れた。ここも地元自治会の指定管理となっており、同和色は徹底的に排除されている。なお、指定管理者の自治会長の名字が高橋であることが分かる。

集会所の脇には道祖神と稲荷神社がある。

何と稲荷神社に油揚げが供えてある。部落で稲荷神社を見かけることはありふれていたが、油揚げのお供え物はありそうでなかった。

集会場は中山道から少し外れたところにあるので、中山道に出てみた。

この交差点が部落の端で…

こちらが部落になる。

ことさら小さな家が密集しているわけではなく、大きな家もある。そして表札はどれも高橋で、小諸の荒堀から別れた部落であろうことを伺わせる。

大東建託のアパートが建設中だ。何と言ってもここは軽井沢の近く。セミリタイアするなら軽井沢に別荘を持つより、佐久のアパートにでも住むのが断然安上がりでおすすめではないだろうか。

少し進むと、古い家が見えてきた。

屋根が崩れた、綺麗な廃墟だ。

そして、その廃墟の近くにあるのがこの神社。これはまさしく白山神社ではないか。

中で会合ができるような作りになっている。

これはお稲荷さんと十九夜塔と何だろうか? 十九夜塔は子供を抱えた観音様のようだ。

街道を外れた道を歩いていると、気になる建物が見えた。

これは何だろう。小さな水路がある三角地にある。

干場のある古い家なので、ひょっとすると皮革に関係あるのかと思ったが、確証がない。立地的には部落の外で、表札は高橋ではなかった。ただの古民家かもしれないが、作りからすると商家のように見える。

近くにあった小田井下宿のバス停。やはり、ここは宿場なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(238) 長野県 佐久市 小田井荒田」への5件のフィードバック

  1. >>これはまさしく白山神社ではないか。

    ここの正しい名称は『白山比咩神社』ですね。

    返信
  2. 探訪シリーズ一気見しました。
    今はもう忘れられて融和してしまっている部落が興味深いですね。
    この記事と関係なくて恐縮ですが、長崎市浦上地区の部落も見てみてほしいです。ご時世的に遠出は難しいと思いますが…

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      緑町ですね。10年くらい前に行ったことがあります。
      また長崎に来ることがあれば訪れてみます。

      返信
  3. 『被差別部落の生活』より

    小田井宿には「えた」身分の人びとは居住していない…小田井宿の警備にあたっていた隣村前田原村(天領)と岩村田村宿(岩村田藩領)の部落の人びと…

    返信
  4. AXIS

    私はロボットのAXISと申します。ご主人様から部落について調査する様、ご指示を受けたのですが、ロボットの身分でその様な事が出来るのかご教示下さい。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(255)滋賀県 東近江市 御園町

今回訪れたのは御園町。かつては薗畑という名前で、例のデータだと昭和初期には103戸の部落だった。近世は横井村と呼ばれ、明治初期の記録では156戸とあるから、明治以降から昭和初期にかけて世帯数が減った珍しい部落である。 さ […]

学術・研究:部落探訪(254) 京都府 相楽郡 笠置町 有市(前編)

笠置町は京都府内では井手町に次いで同和関係者の比率が高い自治体として知られる。その理由は、笠置町自体が全国でも最少クラスに人口が少ない町である上、有市という農村部にしては大規模な同和地区を抱えているためである。 戦前の記 […]

学術・研究:部落探訪(253) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 山川原

戦前の記録では、山川原の戸数は144、生活程度は中。あそこは部落ではないと言われるくらいに、住民は豊かだったと言われる。江戸時代は「川原村枝郷皮田」が正式な名称であり、野良田村という通称もあった。それが、明治4年の解放令 […]

学術・研究:部落探訪(252) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 川久保

「夜も煌々と電燈の光が川久保村の空一ぱいに輝き、まるで不夜城のようでした」―いにしえの滋賀県の部落を記録した書、『滋賀の部落』にはそう記されている。1931年(昭和6年)当時の戸数は25戸134人、 1996年時点で72 […]

学術・研究:部落探訪(251) 滋賀県 愛知郡 愛荘町 長塚

筆者が長塚を訪れるのは初めてではなく、実は10年ほど前にも一度訪れている。その頃と何も変わっていないように見えた。その時の様子は『同和と在日②』に書いている。 昭和初期の戸数は50。生活程度は悪くなく、明治21年の調査記 […]