東京五輪ボート会場で浮上した 「彩湖」(戸田市)は地域猫の楽園

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

就任当初の勢いを失いつつある小池百合子東京都知事。知事選以来、有権者、メディアの注目を集めた「築地市場」の移転問題だが、結局、「豊洲市場」(江東区)への移転を表明した。小池知事率いる地域政党「都民ファーストの会」は、一部から“隠れ民進党”と揶揄される始末だ。また豊洲市場問題と同様に論議を起こした東京五輪ボート会場も当初の計画通り「海の森水上競技場」(東京湾岸)で開催される見通しだ。

ところで五輪ボート競技会場の候補地として浮上した埼玉県戸田市の「彩湖」(彩湖・道満グリーンパーク)を覚えているだろうか。実はこの彩湖は、「地域猫」たちが住み着き、猫マニアたちの密かな人気スポットになっているのだ。「もし彩湖が五輪の会場になったら、この子(猫)たちも追い出されていた。彩湖が会場にならなくて本当に良かった」と語るボランティアもいる。


行政には取り扱い注意の“タブー”が存在しているのはご承知の通り。特に同和、在日などはその最たるものだろう。それに加えこのところ「動物愛護」もその傾向が強まっている。特に犬、猫の捕獲、殺処分問題ともなると愛護団体だけでなく、地域住民、ネットユーザーからも壮絶な抗議が自治体の保健衛生課に寄せられる。

「抗議は特に30~60歳ぐらいの妙齢、中高年の主婦と思しき人が多い。なにしろ子供が手を離れ、これまで子供に注いだ愛情が犬や猫に向かうのだから抗議も激しく執拗だ」とある自治体の担当職員は頭を抱える。

同氏によるとこうした傾向は3・11東日本大地震の発生後から強まっているという。「被災地で餓死、共食いした犬や猫の写真が出回ってさらに関心を高めたのではないか」(同前)。

野良犬、野良猫は保健所行き、というのは昭和の時代ではありがちなこと。しかし今や野良猫は「地域猫」の名に変わり、愛護団体、ボランティアらによって手厚く保護される。加えて「ペットの殺処分ゼロ」に取り組む自治体も増加中だ。なにしろ小池知事自身も公約に「殺処分ゼロ」を盛り込むなど、政治家の間でも関心が強まっている。

自治体も後援する、動物愛護、地域猫の関連催事も各地で開催され、賛同団体、企業も少なくない。こうしたイベントでは、関連グッズも販売されるが、決して“お安く”ない。なにしろ猫をめぐっては今や「ネコノミクス」と呼ばれ、その経済効果は2兆円という試算もある。だから単に動物愛護の精神というよりは、動物愛護マーケットと化したようにも見える。そんな世情だから、地域猫はある意味、時代の産物と思えてならない。

では噂の彩湖の地域猫スポットはどのような状態なのか。彩湖は別名を「荒川第一調節池」といい、荒川の洪水・渇水対策で作られた人造湖だ。野球場、テニスコート、バーベキュー広場などを抱えた多目的公園で休日になると多くの利用者が訪れる。当初、園内の駐車場に無数に地域猫がいる、このように聞いていたが取材に訪れた日は快晴の夏日。そのせいか猫たちの姿はなかなか確認できない。ところがよく見ると、確かに“猫だらけ”なのだ。日光を避けるためか、植木の中に身を潜めている猫は多数。耳がカットされている猫もいるため、ボランティアらが去勢手術をさせたのだろう。どの猫も体格、毛並みも良く、人懐っこいのが印象的だった。この時、訪れた地域猫マニアはこう話す。

「以前は、彩湖で釣った魚を釣り人が与えていた(*彩湖で釣りは禁止)。ところが猫好きがエサをやるようになって猫の口が肥えたせいか、魚を食べなくなったそうだ」

繰り返すが彩湖では釣り禁止の上、衛生上、釣った魚を与えるのは芳しくないが、まあともかく食料事情は良さそう。だからと言って彩湖に飼育できなくなった猫を捨ててほしくないものだが。

前述した通り、彩湖は調節池のため、そもそもボート競技場としては不適切という専門家の声も強く、五輪会場の実現性は低かった。とは言え、万一、彩湖が五輪会場になり、再整備ともなればこの猫たちも住処を追われたに違いない。となると「残酷だ」「虐待だ」と抗議の声が殺到したことだろう。猫たちにとれば難を逃れたわけだ。彩湖の猫に限らず各地に地域猫たちは存在しており、ボランティアらの手で保護されているが、いずれにしても「捨て猫」であることに違いはない。呑気に暮らす猫を見ると確かに微笑ましくもあるが、同時に無責任な飼い主たちの存在も透けて見えてならない。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東京五輪ボート会場で浮上した 「彩湖」(戸田市)は地域猫の楽園」への3件のフィードバック

  1. 斉藤ママ

    なんだかシーシェパードのにおいがプンプンしますね!
    シーシェパードが、在日さんにやらせているのかもしれません。

    米国のシーシェパードは、日本人がイメージしているのとは
    少し違うみたいですね。テキサス親父さんが追及しているようです。

    返信
  2. がぁと

    地域猫なんぞただの戯れ言
    去勢も何もしてないのを、耳だけちょん切って放してある事もしばしば。。。
    全部捕まえて殺処分で上等です

    返信

関連記事

【津市自治会問題】ごみ箱補助金詐取で 柳山港中路町自治会副会長に 有罪判決

津市相生町自治会長事件から再び――。自治会のごみ箱設置の補助金を津市から詐取したとして、詐欺罪を問われていた津市港中路町自治会元副会長、前田紀行被告に対して26日、津地裁は懲役1年4月(求刑1年6月)、執行猶予3年を言い […]

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

【野党研究】国民・岸本周平氏、和歌山知事選問題で見えた 自民党の“ エグさ”

前回に続き国民民主党幹事長代行、岸本周平衆議院議員の和歌山県知事立候補問題。岸本氏は本日、和歌山市内で正式に出馬表明する予定だ。表面的には野党の現職議員が知事選出馬というニュースに過ぎない。しかし内情を検証するに、自民党 […]

国民・岸本周平(衆)が 和歌山県知事選出馬表明へ    二階王国再編の シナリオ

国民民主党幹事長代行の岸本周平衆議院議員(和歌山一区)は、今年12月に任期満了を迎える和歌山県知事選に出馬することが周辺への取材で判明した。岸本氏出馬の背景は仁坂県政に不満を持つ自民党同県連の思惑も見逃せない。また長らく […]

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(後編)「同和の名刺」の 影響は?

12日、熱海市百条委員会で証人尋問を受けた前土地所有者。もうご存知だろう。かつて同市議会で「同和系列の会社」と答弁された人物である。約2時間に及ぶ証人喚問の中で焦点はやはり“ 同和の名刺”がどの程度、行政に影響したのかと […]