村山富市元首相「韓国に償いという言葉はない」!?

カテゴリー: ウェブ記事 | タグ: , , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

かつての勢いを失いつつある慰安婦論争。「まだ言うか?」と思いたくもなるが、それでも”残党”たちは、地道に活動を続けている。その執念は、確かに見習うべきところはあるかもしれない。さてさる11月5日、憲政記念館で『検証「安倍談話」戦後70年・村山談話の歴史的意義』(明石書店)の出版記念シンポジウムが開催された。会費は2千円なのだが、同書がおまけでついてくるというもの。実質は、会費というよりも本の“お買い上げ”で要するにセールスプロモーションといった様相である。

シンポジウムでは、複数の有識者が登壇する中、本書の目玉、村山談話の主、村山富市元首相もスピーチ。

村山元首相と言えば村山談話を発表した以外に、「財団法人女性のためのアジア平和国民基金」を創設した張本人。通称、国民基金と言われるこの試みは、国内外の募金や政府からの出資を合わせ韓国、台湾、フィリピンといった国のいわゆる“慰安婦”たちに償い金として渡すというもの。ところが村山氏も語るように実際に受け取ったのは三分の一程度と言われ、また慰安婦活動家たちからも「政府の公式謝罪ではない」などの批判を受けている。

村山氏も国民基金にふれ「償いという言葉は韓国にないらしい。(韓国の慰安婦たちからは)見舞金や涙金という受け取り方をされている。政府が責任をとらずに国民がかわりに涙金を払うから我慢してくれという金は受け取らない」と当時の状況を説明。

なるほど韓国には「償い」という概念はないのか。だからベトナム戦争時に韓国軍が起こした女性への暴行などの行為については謝罪しないものだと得心してしまった。

それにしても全く不毛だったこの国民基金。一部の韓国の慰安婦たちからは「基金を受け取った(フィリピンなどの)慰安婦たちの名前を公表しろ!」「裏切り者」と批判されることもしばし。解決どころかむしろトラブルの火種を作ったにすぎないような・・・

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【津市自治会問題】ごみ箱補助金詐取で 柳山港中路町自治会副会長に 有罪判決

津市相生町自治会長事件から再び――。自治会のごみ箱設置の補助金を津市から詐取したとして、詐欺罪を問われていた津市港中路町自治会元副会長、前田紀行被告に対して26日、津地裁は懲役1年4月(求刑1年6月)、執行猶予3年を言い […]

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

【野党研究】国民・岸本周平氏、和歌山知事選問題で見えた 自民党の“ エグさ”

前回に続き国民民主党幹事長代行、岸本周平衆議院議員の和歌山県知事立候補問題。岸本氏は本日、和歌山市内で正式に出馬表明する予定だ。表面的には野党の現職議員が知事選出馬というニュースに過ぎない。しかし内情を検証するに、自民党 […]

国民・岸本周平(衆)が 和歌山県知事選出馬表明へ    二階王国再編の シナリオ

国民民主党幹事長代行の岸本周平衆議院議員(和歌山一区)は、今年12月に任期満了を迎える和歌山県知事選に出馬することが周辺への取材で判明した。岸本氏出馬の背景は仁坂県政に不満を持つ自民党同県連の思惑も見逃せない。また長らく […]

【熱海市土石流】前所有者、現所有者が 百条委員会の証言に 立った(後編)「同和の名刺」の 影響は?

12日、熱海市百条委員会で証人尋問を受けた前土地所有者。もうご存知だろう。かつて同市議会で「同和系列の会社」と答弁された人物である。約2時間に及ぶ証人喚問の中で焦点はやはり“ 同和の名刺”がどの程度、行政に影響したのかと […]