タグ別アーカイブ: ナチス

“命のビザ”杉原千畝一族の
遺言闘争の中身

第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に勤務していた外交官、杉原《すぎはら》千畝《ちうね》は、ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人ら難民6000人を救出するため、外務省の方針に反し大量のビザを発給した-- 同じく大戦 […]