激震!関西生コンの集団逮捕 反論は共謀罪のリハーサル!?

三品純 By 三品純

昨年から関西生コンこと「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部)幹部、組合員の逮捕者が相次いでいる。関西生コンは一部からは「日本最強の階級的左翼労組」との評価もあり、激しい抗議活動、ストライキはYoutubeなど動画サイトでも投稿されている。過去にも生コン支部の武建一委員長の逮捕、関連施設へのガサ入れは起きたが今回は警察の「本気度」も伺える。対して関生コン側と弁護団は「共謀罪適用のリハーサル弾圧」として闘争する構えだ。

逮捕された湖東生コン協同組合・北川義博副理事長が経営する北川建材工業(滋賀県愛知郡愛荘町)。それにしても弊舎は愛荘町と縁があるものだ。

すでに報道されている通り、滋賀県の湖東生コン協同組合の役員が今年8月、コンクリートを扱う商社に対して「協同組合から生コンを買わないと大変なことになりますよ」などと脅したとして武建一執行委員長が逮捕された。また大阪では関生支部の組合員が9月、セメントのサービスステーションで運搬車を妨害し威力業務妨害で16人が逮捕。中央大阪生コン、大津生コン協組など合わせて組合役員・組合員のべ40人、事業者が7名が逮捕されている。

生コン組合員はもちろん他労組、社民党、新社会党関係者が支援活動を続けており、10月から滋賀県警大津署前には毎週土曜日、抗議デモ隊が集結。また大阪、東京では「組合潰し弾圧」として抗議集会を開催し、武委員長らの釈放を訴えている。

組合に加盟しない企業に対しては「アウトサイダー企業」といい「法令違反摘発行動」と言いながら事実上の「営業妨害」を繰り広げる。従来から戦闘的な運動スタイルは「関生型」労働運動の強さの理由のひとつは徹底的に戦闘的に闘い抜いてきた事」(『関西生コン産業60年の歩み』発刊パーティーの案内文)というほど。このため関西の政財界ではタブーな存在となっていたが、それも単に「戦闘的」というだけではなさそうだ。生コン労働者は歴史的に「ヤクザ」「同和」「チョウセン」との関連が強く「ヤドチョウ」とあだ名されていたことからよりアンタッチャブルな存在になったのだろう。しかし戦闘集団・関西生コンだが今回の抗議活動は少し異なると捜査関係者は言う。「今回の逮捕は威力業務妨害と恐喝未遂。ところが組合員を一斉に逮捕している点から共謀罪型弾圧と位置付けて抗議している」

このため関西生コンの支援者として秘密保護法対策弁護団の海渡雄一弁護士、共謀罪対策弁護団の平岡秀夫弁護士(元衆議院議員)が加わっている。海渡弁護士といえば社民党・福島みずほ参議院議員の事実婚の夫。福島氏も関西生コンの支援者であることはすでに知られたことだろう。都内で開催された抗議集会の声明文には「共謀罪適用のリハーサル弾圧という側面があることにも注目しなければならない」との一文が添えられており、今回の生コン闘争は「共謀罪」が旗頭となりそうなのだ。威力業務妨害と恐喝未遂なのに「共謀罪」とは随分と大風呂敷を広げたものだが、前出の捜査関係者はこう推測する。

夫婦で関西生コンを支援する。

「動画サイトに関西生コンが対立団体などを威嚇するシーンが流されさすがに左派の労組も活動家もドン引きしているのが実情。そのため従来、応援してきた議員たちも堂々と擁護できていない。そこで東京では広く理解を得られる共謀罪を前面に押して理解を求めている。そして単になる労働闘争ではなくて政権批判にまでつなげようという方針ではないか」

逆に関西の集会では少し抗議内容が異なっている。関西在住の業界関係者によれば「12月8日、大阪中央区民センターで約600人を集め生コンの抗議集会が開催されたが、共謀罪といった話ではなく対立する大阪広域生コンクリート協同組合(大阪広域)の批判が主だった。おそらく関東で大阪広域といっても活動も馴染みがない。だから関西では大阪広域が不当と訴え、逆に東京ではより理解が得られやすく左派にも共鳴しやすい共謀罪を持ち出したとみる」

滋賀の事件の刑事裁判についてはすでに11月2日に第一回公判、また二回目が12月7日に行われた。また最も注目される大阪については来年2月1日に第一回公判が開かれる予定だ。

生コン裁判注目ポイントは?

それにしても関西生コンを通じて旧民主党とは一体、何だったのかと思う。覚えているだろうか? 旧民主党が掲げた改革理念に「コンクリートから人へ」というものがあった。当時、民主党は従来の自民党型の公共事業ではなく直接、人に向けた再配分を掲げた。もう記憶の片隅にすらないが「子ども手当」もその一つだ。ところが同時に民主党には関西生コンから支援を受ける議員も存在した。当然、生コン業者としてはコンクリートから人というフレーズは具合が悪い。しかもこの時分、八ッ場ダム(群馬県)が公共事業害悪論の権化のように報じられた頃だ。このため2009年11月11日、関西の生コン関連協同組合16団体が辻元清美国交副大臣(当時)に陳情活動を行った。『関西生コン産業60年の歩み』ではこう綴られている。

要望書のなかで、特に与党民主党のマニフェスト文言「コンクリートから人へ」のキャッチフレーズが、コンクリートの有用性を否定し、業界に働く人々の誇りを傷つけているとして、表現の早期変更を強く要望した。

これに対して辻元氏も文言の変更で考慮すべしとの回答があったという。また業界の人々の心象を傷つけたことについて反省すべきとの言葉を辻元氏から引き出した。すでに多くの人が知る通り辻元氏と関西生コンは深い関係にある。ところが民主党政権では「事業仕分け」で公共事業を散々に批判したものだ。メディアもこぞって事業仕分けを絶賛したわけだが水面下ではこのようなやり取りがあった。裁判ではこうした政治家との関係性がどこまで解明されるのか見物だ。

雄弁な辻元氏だが事件については黙して語らずといったところ。

あるいは関西生コン業者は元大関の把瑠都(本名・カイド・ホーヴェルソン氏)を後援しており、2011年8月に把瑠都をはじめ尾上部屋の力士らと復興市を訪問した。こんな著名人の人脈も浮上したらより関西生コンの内情が把握できるだろう。



激震!関西生コンの集団逮捕 反論は共謀罪のリハーサル!?」への16件のフィードバック

    1. 三品純三品純 投稿作成者

      関生を記事にしたらなぜ安倍一味になるのか理屈が分かりません。つまり労働運動ではなくてただの政治闘争ということですよね? 関生の本質を教示してくれた大変すばらしいコメントです。

      返信
  1. アバター馬鹿にはうんざり

    パヨクって
    なに?
    人にわかるように説明してくれよ。
    まさか、自分で発した言葉を説明できない、とかないよね?
    それ、馬鹿がすることだよねw

    返信
  2. アバター.

    バカウヨって
    なに?
    人にわかるように説明してくれよ。
    まさか、自分で発した言葉を説明できない、とかないよね?
    それ、馬鹿がすることだよねw

    返信
  3. アバター名無しの権兵衛

    全日本建設運輸連帯労働組合の近畿トラック支部のメンバーには、政治団体「至誠塾」塾長で指定暴力団
    極東桜井総家連合会系芹沢会幹部だった方もいらっしゃる様ですね。

    返信
  4. アバターうましかの一つ覚え

    何かを示しての反論でもなく罵詈雑言とは・・・
    三品さんがおっしゃられるように動揺なんでしょう・・・

    返信
  5. アバター●ねよ差別主義者ども

    聞かれても答えられずに居直る

    ゴミそのもの

    早くこの世から消えろ

    返信
  6. アバター●ねよ差別主義者

    なるほど。
    聞かれたことすら理解できないわけか。
    こりゃ相手するだけ無駄だ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です