部落差別解消推進・部落探訪(70)
三重県伊賀市八幡町

By 鳥取ループ

今回は、三重県内でも比較的大きな部落である、伊賀市八幡町やはたちょうにやってきた。ここは1967年と昭和49年の2回にわたって同和地区精密調査の対象となっており、よく研究がされている特徴がある。

戸数および人口は1872年に160戸739名、1934年に346戸1717名、1967年に570戸1938名、1974年に700戸2037名と記録されている。

この部落のことが掲載された、2つの同和地区精密調査報告書は以下から見ることができる。

全国同和地区実態調査結果・精密調査 昭和43年3月
同和地区精密調査報告書 昭和50年3月

弘化3年(1846年)の宗門改帳によると「北浅宇田村あさうだむら西ノ平」と称した当時の部落の戸数は22戸に過ぎなかった。当然、以降の人口増加は自然増では説明できない。

このことについて、昭和43年報告書では長田ながた川、久米くめ川の氾濫によって居村を捨てた住民が高台である西ノ平に集まり同和部落を形成した、中には伊賀郷士、江州・播州からの移入者もあると説明している。しかし、昭和50年報告書では明治初期に年季奉公人が皮革の仕事を求めて甲賀地方から流入し、また上野地方の非人集落が一体になったと説明が変わっている。

現地に行くと分かるが、部落は斜面や崖で囲まれており、明らかに高台になっている。また、1948年の航空写真を見ると、国道422号線の南側に張り付くように家が密集しているのが見て取れる。

昭和43年報告書は、八幡部落は「地方都市における「労働型」の地区の典型」としている。これが何を意味するかというと、八幡部落は全体として見ると伝統的な賎民の集落というよりも、スラムに近いということである。昭和43年報告書にある通り、賎民とは無関係な人が多く移り住んできており、実際、住民のほとんどは賎民とは無関係であると考えられる。

部落には公営住宅が立ち並んでいる。写真の団地は昭和50年代に建設された西之平団地。こういうところに西ノ平の名前を残している。昭和50年報告書によれば、結婚による世帯増などから第二種公営住宅の建て増しをしているとある。

昭和50年の航空写真では、この場所はまだ民家が密集していることから、それらを撤去して団地の用地にしたのだろう。

これらの古い公営住宅は昭和40年代に建設されたもので、既に耐用年数が来ており、新規の入居者は入れていないものと考えられる。この場所はかつては畑が広がっていた。

公営住宅ではない民家もあるが、廃墟もちらほら見受けられた。部落を歩いていても、あまり人と出会うことがなく、活気が感じられない。

昭和50年報告書には次の記述がある。

なお、地区内には、改良住宅に移転した世帯と、従来から宅地と住宅を所有している世帯との間に、改良住宅居住世帯を下層とする差別意識があるといわれている。この差別意識は、B団地88世帯のうち40世帯が生活保護世帯であるということにもよるようである。さらに地区内には、在日朝鮮人にたいする差別意識もあるといわれている。

「在日朝鮮人にたいする差別意識」というのは、いかにもありそうな話だ。わざわざ書いてあるということは、文字通り特筆すべきことだったのだろう。伊賀市と言えば2007年に在日コリアンに対する住民税を長らく半額にしていたことが発覚したことがあった。差別意識という言葉が適当かはともかく、何かしら後ろめたい感情がなければ、特定の民族だけ税を減免しようなどという発想は出てこないはずだ。

これは浄土真宗本願寺派の法善寺。寺の前には寄進者の名前が張り出してあったが、住民の名字は様々である。やはり、幕末から明治にかけて様々な地域から移住してきた人々による部落であるという説を裏付けているように思う。



共同浴場、作業場、児童館、隣保館(市民館)と、同和対策施設は一通り揃っている。


こちらは共同墓地。後ろに見えるのは「さつき団地」で、高台の下にある。


高台の下には他にも民家や団地があるが、これは昭和50年以降の比較的新しい時代に作られたものだ。高台の下は住所表記では「久米町」となるが、八幡町内に用地がなくなったので、町外に用地を確保したと考えられる。

古くからの「久米町」は高台の南東側の下にある。失礼ながら、あまり綺麗な集落とは言えないので、ここも部落だと思ってしまいそうだが、筆者の目から見るとここは部落ではないだろう。

得楽寺は天台真盛宗の寺で、部落の寺とは考えづらい。なお、この寺はさきほどの法善寺とは違い、ほとんど空き寺のような状態だという。

得楽寺の周囲には開運神社をはじめ、朽ちた神社群がある。住民によれば、四国から来たとある一族がここに勝手に祀ったものだという。もちろん八幡の部落とは何の関係もなく、久米にありながら久米の住民とも関係のないものである。当初は久米の住民が清掃などを行っていたのだが、今は完全に放置されている。

部落差別解消推進・部落探訪(70)
三重県伊賀市八幡町
」への12件のフィードバック

  1. .

    >筆者の目から見るとここは部落ではないだろう

    鳥取ループさんはどのような基準で部落とスラムを見分けておられるのですか。

    なお『部落産業の史的分析: 三重県上野市八幡部落』p.149には「八幡町、久米町を含む、いわゆる八幡部落」との記述があります。松井久吉の住所も「三重県阿山郡城南村久米」ですね。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      八幡のように同和地区指定された部落は、地区内と地区外でインフラの整備状況ががらっと変わります。八幡町の南側の集落は事業が入っていないように見えます。少なくとも行政は部落と認識していないということです。
      住民に聞いてみましたが、「ここは八幡とは別」と明言してました。
      住所表記は当てになりません。部落が住所表記の境界をまたいでいる例はいくつもあります。
      例えば愛荘町の長塚や米原市の上多良がそうです。

      返信
      1. .

        >住民に聞いてみましたが、「ここは八幡とは別」と明言してました

        部落の内部で同和地区指定をめぐって争いがある場合、地区指定に反対する側が「うちは部落じゃないから同和対策事業は要らん」と言い張ることもあるのではないでしょうか。兵庫県養父市の十二所がそうだと1979年の『部落解放』に書いてあります。

        解放同盟に肩入れするわけではありませんが、全解連が言っていた「でっちあげ同和地区」にしても「住民が認めたくないだけで、実は部落なのでは?」と思えるふしがあります。

        たとえば大分県国東市武蔵町古市藤本ですね。一部の住民が「オレたちは、部落民でもないのに勝手に(部落だと)デッチ上げるとはけしからん」と怒ったそうですが、毎日新聞大分支局編『熱い叫び』33頁によると、地元の役所は壬申戸籍に基づいて同和地区指定したとのこと。そうすると、前述の住民は自らの出自を知らなかっただけなのではないかと思えます。

        返信
        1. 鳥取ループ 投稿作成者

          すると、壬申戸籍の何を基準に指定したというのが気になります。ほとんど身分の記載はなかったのだから、本籍があそこだから部落民ではないかくらいの話でないかと思います。
          そもそも八幡に関しては労働型部落とある通り、ほとんどの住民は流れ者で、賎民にルーツがあるとは思えません。
          一方、八幡町の南側の集落はスラムではなくて、古くからあそこに土着している人の集落だと思います。
          そういう意味で八幡町とは別なのであって、同和地区指定をめぐる争いがあったわけではないでしょう。

          「八幡町、久米町を含む、いわゆる八幡部落」という記述は、八幡町と久米町が部落ということではなく、八幡部落の区域が住所表記上の八幡町と久米町にかかっているという意味だと思います。

          返信
  2. 以前こちらの地区訪問を依頼した者です。
    大変興味深く読ませていただきました。

    これからもお体ご自愛され、たくさんの地区訪問を期待しております。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      どういたしまして。他にもリクエストがありますので、徐々に回っております。

      返信
  3. とある隣保館職員

    お疲れ様です。
    「なお、地区内には、改良住宅に移転した世帯と、従来から宅地と住宅を所有している世帯との間に、改良住宅居住世帯を下層とする差別意識があるといわれている。この差別意識は、B団地88世帯のうち40世帯が生活保護世帯であるということにもよるようである。」
    今回はここが一番のお気に入りです。私の働く地区でも同じような傾向がみられ、先日も一軒家に住む方が相談に来た時に、差別するわけではないけどと前置きしながら改良住宅住民へのヘイトをまき散らして帰っていきました。どこでも同じようなものなんですね。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      そうですよね。「ようである」「いわれている」とぼやかしていますが、事実だったのだと思います。
      精密調査に来た調査員に対して、住民が改良住宅住民と在日コリアンに対するヘイトを振りまいて、調査員が困惑している様子が目に浮かびます。

      返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      「漫画の四本指表現に団体として抗議した」ということは出典がないので本当だと思いますが、「今後も抗議する気はないと繰り返し表明してる」というのは私も知りません。

      返信
  4. http://www.city.iga.lg.jp/cmsfiles/contents/0000003/3531/14_2-9.pdf
    この資料を見る限りでは、改良住宅なのは4階、5階建ての住宅のみで、八幡町内の平屋の住宅及び、久米町の2階建て住宅は一般の公営住宅ですね。
    一般住宅と、改良住宅の配置を見る限り、久米町の元の集落は、少なくとも行政としての同和地区という認識ではないように思います。
    改良住宅の棟番号を見る限り、八幡町に土地がなく(同和対策前に、一般の公営住宅を建ててしまったため)買収が出来た久米町の土地に改良住宅を建て、其処へ移転させてから八幡町内に順次住宅を建てたのではないかと。
    改良住宅だけで24棟で約700件。確かに、自然増では考えられないような数字ですね。
    部落内差別というより同和と関係ない流れ者が、この改良住宅にのうのうと住んでいることの嫌悪の現れではないのでしょうか。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      公営住宅については健さんと同意見です。
      久米町に多数の公営住宅と集会所を見ましたが、八幡町の土地が足りなくなったので久米町にはみ出したもののように見えました。
      久米町の古い集落は、そのせいで地元から部落と思われているのではという気がします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です