部落探訪(32)
神奈川県川崎市高津区下作延

By 鳥取ループ

川崎市下作延しもさくのべは、高津区役所の近くにあり、周囲には市税事務所や年金事務所や県税事務所がある。最寄り駅は東急線の溝の口駅か、JRの武蔵溝ノ口駅だ。

1934年の時点で世帯数は31、人口は155の部落であったのだが、周辺はかなり都市化が進んでいる。


下作延は北部に墓地と火葬場があり、南部には高津区役所があるのだが、部落は南部の一角である。町内会で言えば「下作延第二町内会」の辺りのようである。

予想通り、新しい住宅や集合住宅があり、既に融和ないし解放済みのようである。


奥へと進んでいくと、古くからの住民のものと思われる家がある。


さらに進むと階段があり、神社にたどり着いた。白山神社かと思ったが、「辰の谷稲荷社」と書かれている。由来や、部落との関係はよく分からない。



細い路地や袋小路があるのが部落の名残かとは思うが、周囲にあるのはほとんどが賃貸住宅かマンション、建売住宅だ。


それでも、ここに古くからの集落が存在したことを思わせるのがこの墓地だ。墓石から、古くからの住民には、尼野、中村、中田という家が多いことが分かった。


確かに、稲荷社の周辺には尼野、中村という表札の大きな家が何軒かあった。昔はしがない農村だったと思うが、都市化の恩恵を受けて古くからの住民は裕福になったと考えられる。

しかし、川崎市からは同和対策のためとして部落解放同盟と人権連と同和会に補助金が支出されている現実もある。そこで、住民の1人に「部落解放同盟川崎支部ってここにありませんか?」と聞いたら、「は? 知らん」と言われてしまった。


これは下作延第二町会会館。もちろん、隣保館でもなければ市の施設でもなく、普通の自治会館である。

部落探訪(32)
神奈川県川崎市高津区下作延
」への3件のフィードバック

  1. 奈良ループ

    >川崎市からは同和対策のためとして部落解放同盟と人権連と同和会に補助金が支出されている現実もある。

    部落差別は「消滅」しているのに、なぜ「同和対策の補助金」になるのだろうか?
    橋下元市長時には、同和対策費を大幅削減し、リバティ大阪の運営が厳しくなるとか何とかの話題があったように記憶しています。

    奈良県御所市の水平社会館も不要の長物であり、老人介護の施設にでも改装したらいいと思う。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      川崎市の補助金は、その具体的な使途を市がほとんど開示しないので、謎が多いです。
      実質的には同和地区住民のためではなくて、一部の政治的団体の資金源になっているでしょう。

      返信
  2. 清五郎

    窪倉・尼野・中村辺りが主流ですね。他に溜なんて姓も墓地にあったと思います。
    窪倉・尼野は小机鳥山にも入植してるようです。
    人名力の日本姓氏語源辞典によれば、
    窪倉と久保倉は異形にして同一との事で(小机の墓地でも確認できました)、
    これは共に神奈川の稀少姓ですが、久保倉の方の分布が非常に興味深いです。
    これも分家・脱賤の類だったら面白いんですけどね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です