箱根で本物の温泉卵を作るには(前編)

By 鳥取ループ

昨年5月、箱根の火山活動が活発化し、火口地帯である大涌谷周辺は立入禁止とされた。周辺の規制は徐々に解除されたものの、肝心の大涌谷への立ち入りは未だに規制されたままだ。

名物の「黒たまご」も、卵をゆでる場所に立ち入りできないため、残念ながら製造ができず、販売もされていない状態だ。

しかし、箱根には大涌谷以外にも、卵をゆでることが出来る場所があるという。その場所は、「硫黄地獄」と言うそうだ。

ioujigoku

グーグルマップで調べると確かに出てくるのだが、ストリートビューは入っておらず、航空写真で見ても何があるのかよく分からない。

とにかく、これは実際に行ってみようということで、昨年の9月にグーグルマップのナビを頼りに行ってみたのだが…

IMG_1788

結果はこの通り。看板には午後5時から午前7時まで通行止めとあるが、今はずっと閉鎖されたままのようだ。

やはり火山活動の活発化でここも規制されてしまったのかと思い、一旦は帰ったものの、よくよくネットで調べてみると、今でもそこに行ったという報告が見受けられる。ということは、何らかの方法で現地に行けるということだ。

再度現地を訪れたのは昨年の12月。近くのホテルの関係者に聞いてみたところ、車両通行止めというのは、あくまで車両が入れないということであって、人の立ち入りが規制されているわけではない。しかし、「行ってもいいけど、ガスが出ていて気分が悪くなったりすることもあるので自己責任で」ということだった。

IMG_2280

そこで、今度は通行止めをまたいで越えて、先へと歩いて進んでみた。

IMG_2295

途中に分かれ道がある。左に進むと、「工事関係者以外立入禁止」の看板があって道がふさがれており、これ以上進めなかった。そこで右へ進むと、道の向こうにぼんやりと湯気が上がっているのが見えた。

IMG_2292

道路の脇に温泉が湧いている。硫黄が主成分と思われる、黄色っぽい湯の花が沈殿しており、まさにこれが硫黄地獄と見て間違いないであろう。

IMG_2300

観測のためか、温度計が設置されている。現在の温度は79.9度。卵をゆでるには十分な温度だ。

IMG_2290

早速、コンビニで買った卵を投入。温度センサーが取り付けられた鉄筋が差し込んであるところが泉源らしい。

ちなみに、周囲には卵のパックに貼られていたと思われるラベルが落ちていたので、度々誰かがここに卵をゆでに来ているようだ。

IMG_2305

30分ほどゆでた卵。硫黄のためか表面がまだらに黒ずんでいる。名物の黒たまごほど黒くはないが、中はしっかりと固ゆで卵だった。

しかし、何か物足りない。温泉卵と言えば、白身がトロトロで黄身は固まっている、あれだろう。

この温泉はかなり熱いが、源泉温度日本一の湯村温泉の98度よりはかなり低いので、工夫すれば温泉卵を作ることができそうである。

(次回に続く)

箱根で本物の温泉卵を作るには(前編)」への10件のフィードバック

  1. ジャパニーズオンリー

    80年近く前、先人は『部落調査』という素晴らしい資料を私たちに残してくれた。
    当時だからこそここまでの特殊部落を調べることができたと思う。先人たちの仕事に感謝してもしきれない。
    もしこの書物が存在していないとすれば、今からこのような書籍を発行しようとしてゼロから全国の部落を調べて発行することはおそらく無理ではないか、と私は考えます。
    40年前にも素晴らしい部落地名総鑑が発行されてしました。しかし暴力の前にその時は残念な結果になりました。しかし発行したことは無駄ではないはずです。
    いま生きる世代も未来に対して特殊部落の位置をはっきりとしるっことができる資料を伝えていく義務がある。
    鳥取さんの行う仕事は未来に対しての現代からのメッセージになります。
    不当な圧力には屈せずに絶対に刊行して未来に特殊部落を伝えてください。
    一日も早くこのような素晴らしい書籍が発行されて多くの国民に読まれることを心から願っています。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      40年前のとき、解放同盟や政府は間違った対応をしたと思います。どんな理由があっても焚書などするべきではなかった。
      そして、元ネタは融和事業の資料であることを公表すべきでした。
      広島法務局や塩見鮮一郎の言うことは正しいのです。
      部落地名総鑑自体が悪ではないです。差別目的で作られようと、部落解放運動の目的で作られようと、同じ情報が掲載されていれば、あとはそれを利用する人次第です。

      返信
  2. 斉藤ママ

    ジャパニーズオンリーさん、鳥取ループさん、
    いい事を言われますね。感動しました。

    返信
  3. .

    解同の仮処分申請が通った場合(たぶん通るでしょうが)、「同和地区.みんな」のドメインの所有者は宮部さんで登録地は宮部さんの自宅ですから、今度は宮部さんの自宅に強制執行官が来ることになるのでしょうか。もっとも、おそらく外国のサーバを有料で借りているのでしょうから、宮部さんの私物を差し押さえても同和地区Wikiの閉鎖はできないと思いますが。今後の展開が心配です。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      おそらく執行官が来ることはなくて、間接強制という形になると思います。つまり、命令を従わないと毎日お金を取るぞということです。

      返信
      1. .

        そういえばネットの電話帳事件については今でも間接強制金の加算が続いているのでしょうか?

        返信
        1. 鳥取ループ 投稿作成者

          もう終わっているという認識です。しかし、あの事件については裁判がなかなか進まないですね…

          返信
  4. ジャパニーズオンリー

    人間は隠れているものや秘密にしてあるものを知りたいという欲求がある。女性には失礼な例えで申し訳ないが週刊誌の綴じ込みヌードもページが閉じられて立ち読みできないからこそ見てみたいと思う。もし綴じ込みでなければ同じ写真でも買ってまで見たいという欲求はそんなにないだろう。
    部落の地名も一緒。地名総鑑のような書物がごく普通見られるのならば、部落の地名を万が一何なの理由で知りたいう気分になっても「いつでも知ることもできるから」と心の底で想い、調べるような事案も今より少なくなるかと思う。公開されていないからこそ知りたいという人間の心理だ。知らないこと、隠されていることはどうしても知りたくなるもの。
    部落というものがタブー視されているからこそ差別がいつまでたってもなくならないと思う。部落にとり一番の基礎情報である部落の地名がもっと公開されていれば社会の中で当たり前の情報となって部落がどこにあるのかなんてどうでもいいことになるんじゃないのかな。
    勿論公開しても差別や偏見はゼロにはならない。でも数百年ずっと続いてきた差別が5年10年でゼロになるというのはあまりにも非現実的。でも解放同盟の政策は明日からすべての差別をゼロにしようというもの。

    もっと気長に少しずつ部落に対しての偏見をなくしていくほうが効果があると思う。共産党系の団体部落差別はなくなったと言っているらしいがそのくらいの気持ちが必要。共産党は大嫌いだが部落政策ではこの方が支持できる。
    今の解放同盟の部落を隠そうとする政策ではいつになっても部落差別はなくならない。もっと部落に関することをオープンにしたほうがいい。部落地名総鑑をだれでも手に入れることのできる書物にすることで逆に差別が僅かかもしれないが少なくなれば結果としていいことでしょうが解放同盟さん、どうお考えでしょうか

    返信
  5. ジャパニーズオンリー

    解放同盟の方針で一つ不思議なことがあります。
    解放同盟系の部落史研究者もきっと全国部落調査を持っていて全国の部落の地名を知っていると思います。
    自分たちの言うことを聞く人間だけには部落地名総鑑を持つことを認めていることにも矛盾を感じます。が私が不思議なのは万が一その取り巻きの学者が何らかの理由で解放同盟と対立したりして敵対関係になった時に解放同盟への報復として地名総鑑を第三者に売却したりネットで流したりするということを解放同盟は考えてもいないのでしょうか。
    蜜月の関係のときにだけならばいいのですが人間同士今は仲が良くでも明日の関係はどうなるか不明です。
    そうなった時に頭来た学者ならば部落の地名を公開してしまうこともあるかもしれません。
    まして解放同盟はこれまでも全解連や全国連といった団体が分裂しています。そういうことを考えると対立した学者が報復するというのは全くないわけではないです。組織としては少し脇が甘いと思います。
    そういう心配もあるんだから解放同盟から公開していいと思うのですが。頭の硬い人の集団ですね。

    さっきも投稿しましたがどうしてそこまで部落の位置を隠したがるのか理解できません。部落の位置や地名を隠して差別が消えたならわかりますが逆です。それなら発想を転換して公開したらどうでしょうか。
    もし解放同盟みたいな体質の企業があればとっくに倒産しています。
    ダメでもともと、の位の大胆な政策転換をしたらいいと思うのですが。部落問題解決の意欲が解放同盟には感じません
    部落を特別視して切ったからこうなってしまったんでしょうね。そろそろ変えてかないといけないですね。
    今回の鳥取さんの地名総鑑発行が部落という固い岩盤を打ち破る突破口になりますように。

    返信
  6. ジャパニーズオンリー

    解放同盟のHPを見ると鳥取さんは極悪非道の差別人にされていますね。これこそ名誉棄損のもっともたるものです。
    部落の近くの一般人は部落に行くんではない、部落の人と付き合ってはいけない、という風にごく日常的に言われていたんですね。部落の人は怖い、部落は危険、穢れがある、というのがきっと理由でしょう
    もしこれを部落差別というのならば、鳥取さんは部落差別をする人ではありません。なぜならば部落探訪という記事で実際に部落に行っているからです。同じ人間が住む場所として部落を訪ね現状をリポートしています。心底から部落を差別していれば穢れが移るとかを信じて世間から差別的にみられる部落にはいかないはずです。部落が怖いとかという迷信を信じず差別心がないからこそ部落を訪問するのです。
    解放同盟にはそこのところをしっかり見て差別者という不当なレッテルを外してもらいたいです。

    わたしも今度部落探訪してみたいと思います。勿論怖い部落民に殺されるとも思っていませんし穢れが移るとも思っていませんし。興味半分ですが行ってみようと思います。
    みんなで一度部落を訪ねてみればいいんだと思います。観光とまではいかないでしょうが実際に穢れが移ると信じている人がもしいるのならば騙されたと思って一度行って観ることだと思います。
    そうすれば部落への偏見が取れるのではないのかな、と思います。
    百聞は一見にすぎずです。

    もうこれは言っても遅いですが、不良住宅などは保存しておけばよかったと思います。雨が降れば傘を刺さないと便所にいけないような劣悪生活環境などを整備して保存しておけば、これば部落の環境だ、と目に見える差別撤廃教育になったのに。
    壊して同じところに集合住宅を建てないで違う場所、おそらく一般地区になるでしょうがそこに劣悪不良住宅に住んでいた部落民の引っ越す集合住宅を建てればよかったのに。
    どうせ部落民の集合住宅は税金で建設したのだから少し高くなっても差別撤廃のためにはそのほうが効果的、と思うけど、もういま言っても遅いでしょうが。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です