学術・研究:部落探訪(156) 新潟県村上市貝附“上貝附”

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

1928年の記録では、現在の村上市貝附に21戸の部落があったとされる。それ以外に特に記録はないが、せっかく近くを通りがかったので訪れることにした。

この地域の名所らしいものと言えば、「貝附地区の桜」というのがグーグルマップにある。無論、訪れた時は桜の季節ではないので青々としていた。

例によって墓地を訪れたが、やはり他の新潟県内の部落と同じく、様々な宗派が混じっている。部落の寺というものはない。

ごく普通の自治会館と掲示板。ここが同和地区指定されたとは考えられない。

しかし、部落内の道は広く、きれいに整備されており、古くからの村であるとはとても思えない。

国道から一段上の高台にあり、意図的に入らないと通らない場所であるし、歩きながら撮影するのはとても気まずかった。

特に見どころはないと思って部落を後にしたのだが、そこでふと思い出したことがあった。町田市 下小山田町の部落のことである。そこは高度経済成長期に開発のために移転した部落なのだが、貝附もそれと同じような雰囲気があった。ということは、貝附も移転した部落なのではないかと考えられることだ。

そこで目をつけたのは、さきほどの場所からすこし東に行ったこの場所である。

戦後間もない頃の航空写真では十何軒かの家が建っており、あとでその場所に線路と道路が作られている。今は線路のこの場所に集落があった。

今は跡形もないこの場所だが、かつてはここに集落があった。それが貝附であり、道路と鉄道建設のために先程の場所に移転したのでは? そう考えた。

旧道らしきものがあるので、ここを車で進んでみた。

今は竹やぶになっているこの場所にも、昔の航空写真では家があったはず。

ここに神社があったらしい。

今でも、その参道らしきものが残っている。そして、これがここに部落があった唯一の痕跡のようだ。

さらに進むと、まさにポツンと一軒家が。あとで聞いたところによれば、ここに住んでいるわけではなくて、趣味で建てた別荘のようなものらしい。

さらに進むと軽トラに載った住民に出くわしたので聞いてみると、この辺りには「上貝附」「下貝附」「花立」という村があり、東京オリンピックの直後の頃に大水害で被害を受け、集落ごと移転したという。やはり、さきほどの場所は移転後の集落だったのだ。ちなみに戸数から検証したところでは、「上貝附」 が部落であった。

日が陰ってきたので、新潟県を後にする途中、このようなものを見つけた。「語り継げ!羽越水害 子に孫に」。貝附はまさに羽越水害で荒川の氾濫により壊滅した部落だった。1967年のことである。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

学術・研究:部落探訪(271)香川県 丸亀市 川西町南

ここは香川県の被差別部落現地研修報告では丸亀市A地区として紹介されている。その立地は飯野山の麓に広がる農村地帯、香川県の特徴の1つであるため池のそばと記載されている。1990年頃は50数世帯、150人余り。 部落名は金山 […]

学術・研究:部落探訪(269)香川県 丸亀市 飯山町 東小川 西内

どうしても異常で異様な巨大同和地区ほど記事や動画の閲覧数が多くなるのだが、探訪の楽しいという点では、少戸数未指定地区の探索にまさるものはない。香川にもそのような部落があるので探索することにした。 昭和初期の記録では、綾歌 […]

学術・研究:部落探訪(268)香川県 綾歌郡 綾川町 小野、北

明治の文筆家、宮武外骨は著書『つむじまがり』で「予の先祖は備中の穢多であるさうな、予は讃岐の小野といふ村で生まれた者である」と書いていた。 宮武という名字は圧倒的に香川県に多く、岡山県では倉敷市に比較的多いのみなので、宮 […]

学術・研究:部落探訪(267)香川県 善通寺市 与北町 東原

『香川県の被差別部落 ―現地研修報告―』(安竹貴彦)で善通寺市D地区として紹介されている与北町(よぎたちょう)東原部落は、戦前は70世帯であった。主な産業は日雇い。過去の航空写真を見ると家が密集しており、農村ではなく労働 […]