学術・研究:部落探訪(162) 三重県桑名市長島町十日外面“南松ヶ島”

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

1934年、当時の長島村の松ヶ島という場所に41戸の部落があったとされる。現在のその場所は、桑名市長島町十日外面とおかどもが該当する。

この長島教育集会所がある場所の周辺が該当し、ここを1948年の航空写真で見ると、確かに40軒程度の小さな家が密集した部落がある。

しかし、1961年の航空写真では、ほぼ更地になり、瓦礫が散らばっているように見える。これは1959年の伊勢湾台風で壊滅したためた。

昔住宅が密集していた場所は、畑や運動場になっている。

1970年代には改良住宅らしきものが建てられているが、今ではそれもほぼなくなって、現在はニコイチが少しばかり残っている。台風被害で散り散りになった住民は、ほとんどここに戻ってこなかったようだ。

そんな場所にわざわざ同和施設が存在する意義がよく分からない。上の写真は教育集会所の敷地内に貼ってあったもの。菜園教室と人権問題学習会が何の関係が?

ここの名所が、この松ヶ島共同浴場。日曜と祝祭日を除く午後5時から8時の間だけ開いている。ここは珍しく本物の温泉で、源泉かけ流し。しかも入浴料は150円と安く、高齢者は無料だという。

何の標識もないが、向かって左側が女湯、右側が男湯となっている。

しかし、風呂と人権フェスタに何の関係が?

ここは皇大神社。閑散としているが、昔は立派な神社だったことが分かる佇まいだ。

今は基礎だけになっているが、ストリートビューによれば2012年の時点では古いながらも社殿があった。

人権や部落絡みの物件を撤去すれば、もはや部落とは分からないし、そもそも消えてしまった部落の部類に入ると思うのだが、奇妙なスポットである。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(162) 三重県桑名市長島町十日外面“南松ヶ島”」への8件のフィードバック

  1. .

    周囲の集落は台風被害後も再建されているのに、
    ここだけが綺麗サッパリ更地化舌不思議な集落ですね。
    農業に従事せず田畑を持っていなかった為、他の集落と違い他の土地へ移動できたのかもしれませんね。

    返信
  2. 中世史愛好家

    このあたりの部落、部落寺院について考察するには、長島一向一揆からの
    流れも調べた方が良さそうですね。

    返信
  3. :c

    特定しやすい地区としにくい地区の違いってなんですか?住民の入れ替わりがあるかどうかですか?

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      同和地区指定がされている部落は特定しやすいです。
      他に、白山神社や過去の文献に出てくる目印となるものが存在するかどうかです。

      返信
  4. 江場ら焼肉のタレ

    桑名町と合併した江場村の一部と益生村になった江場村の大部分でわからないかな。

    返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(286)埼玉県 本庄市 児玉町児玉 吉田林

小林初枝『こんな差別が』には次の記述がある。 私の友人の弟で岩上姓なる青年が、部落外の娘と恋仲になりましたが、娘の親戚から、「せめてもう少し離れた土地の岩上なら、世間さまへいいわけもきくが、児玉で岩上といやあ、だれでもい […]

学術・研究:部落探訪(285 後編)埼玉県 本庄市 児玉町児玉 下町

前回に引き続き、下町の探訪である。そもそも「下町」とはどこの、どの範囲を指すのか、文献だけでは分かりにくかったが、現地を探訪するうちに次第に全容が分かってきた。 それを理解する鍵は、小林初枝『こんな差別が』で挙げられてい […]

学術・研究:部落探訪(283)山梨県 笛吹市 一宮町田中 西組

「国連NGO横浜国際人権センター山梨ブランチ」を取材するために山梨県を訪れていたのだが、地元の方から、山梨県の部落と言えば笛吹市の田中が有名と聞いた。未指定地区であるが、とある全日本同和会の幹部もここから出ているという。 […]

学術・研究:部落探訪(282)大阪府 吹田市 岸部中 “光明町”

吹田市の岸辺駅の近くに光明町(こうみょうちょう)という部落がある。かつてここは小路(こうじ)南垣内(みなみがいと)という農村だった。 それが戦後、とりわけ1970年頃から急速に都市化して、農村の面影はほぼ消えてしまった。 […]