学術・研究:部落探訪(275)香川県 丸亀市 土器町東 二軒茶屋

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

香川県の被差別部落―現地研修報告―に掲載されている部落には、全国部落調査に掲載のないものがある。同資料によれば丸亀市には指定同和地区が3つあり、さらに1つ未指定地区があるとしている。

3つの指定地区のうち「A地区」は既に紹介した金山である。「C地区」は島嶼部にあるということなので、これは本島ほんじまの部落であることは間違いない。

「B地区」には隣保館と児童館が併設された「総合センター」があり、遠くに丸亀城をのぞむ川沿いにあり、堤防と塩田に囲まれた低湿地帯であったという。

この条件に合致するのは土器町東しかない。ここには「二軒茶屋総合センター」があり、丸亀城から離れた川沿いにある。そして、明治期から戦後まもない頃までの地図では海側に広い塩田がある。

現地を訪れた。地名表記は土器町東であるが、前述の総合センターや自治会名として二軒茶屋の名前が残っている。

間違いなく、この辺りに二軒茶屋の村があったはずだが、ご覧の通り大東建託等のアパートが建っている。市の中心部から近いので、いくらでも入居者はいるだろう。

避難場所として総合センターが明記されている。

古くからの村があった形跡も残ってはいるが、立地が良いのでかなり開発が進んでいる。

これは同和施設がなければ、部落とは気が付かないだろう。

そもそも、部落ではないのではないかという気もする。全国部落調査に掲載されていないだけでなく、大正時代に作られた香川県の部落調査表にも掲載されていない。

まず「二軒茶屋」が部落ではないのでは?明治から昭和初期にかけての地図をみると、二軒茶屋の中でも塩田に囲まれた、やは隔絶感のある一角がある。

その場所の現在の様子がこの通りだ。太陽熱温水器が搭載されたニコイチが並んでおり、区画整理され、あからさまに同和地区であることが分かる。長らく放置された自動車があるのも、香川県の他の同和地区と同様の例に漏れない。

つまり、二軒茶屋自治会の範囲が部落というわけではなくて、二軒茶屋の端にある、塩田の労働者の飯場のようになっていた一角が同和地区指定されたということなのではないか。

とすると、廃墟があるこの一角も部落の範囲外という可能性もある。

部落探訪記事について、「そこは部落ではない」と地元の方から言われることがある。そのような場合、区画整理され、公営住宅が建った一角だけが部落というのはよくあることだ。

総合センターには水平社宣言の一節がある。これであからさまに同和施設と分かるのだが、本当にこの地区は、それと関係があるのだろうか。

身も蓋もないことを言ってしまうと、戦後まもない頃までは部落とは認識されていなかったのに、塩田が衰退したことによる、労働者の救済のために同和事業を利用したに過ぎないのでは?

記録によれば陰湿な差別として「ねたみ意識」があったというが、古い公営住宅のある同和地区内と、新しいアパートが建つ周辺地域を比べれば結果的にそのような指摘が的外れであったことは明白だ。同和地区指定しなければ、同様に大東建託のアパートが立ち並んでいた可能性が高い。

かつての同和事業に対する批判は「ねたみ意識」ではなく、むしろ逆で、将来を見据えたまっとうな忠告であった。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

何騒いでるの へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

学術・研究:部落探訪(275)香川県 丸亀市 土器町東 二軒茶屋」への24件のフィードバック

  1. 匿名

    塩田労働者の救済との考察はなかなか面白いですね。
    もしそうなら今まで自分たちも差別していたであろう本来の部落民と同じ括りにされてしまう気持ちはどうだったんだろうか。
    たとえ差別されても生活苦から抜け出したいと甘受したのか、それとも同じ括りになっても俺たちはやつらとは違うと差別心を持ち続けていただろうか・・・

    返信
  2. 爆笑

    宮部さん こりゃあんたイカンよ

    道路交通法違反を犯しながら、
    道路交通法違反を得意そうに非難する

    こりゃ誰が見てもいかんわ

    爆笑モン

    返信
    1. 朴一

      コロナが治まりかけて叩く相手がいないから、ここでクダ撒いてるのか。情けない奴等だ。

      返信
  3. 匿名

    宮部さん
    匿名の悪あがきは見っともないですよ。
    誤ったら、正せば良いだけですよ。

    もしくは、今後所轄の警察署に道路使用許可を取るのも良いでしょう。

    今のまま、左側歩行で録画していると、解放同盟どころか警察に注意されますよ。

    返信
    1. 匿名

      そんなことで
      注意されねえよ
      学校の廊下逆走して
      叱られるのは小学生くらいのもんだ
      バカじゃねえの

      返信
      1. 匿名

        馬鹿はお前さん。
        誰も見てなければセーフ、
        見て見ぬフリされたらセーフ

        そんな人が、世の中を悪くするのですよ。

        まぁ、通報したら警察は必ずくるでしょうね!
        過去の録画も見せらば常習性もあるのですよ。

        とにかく、真っ当な取材をしたらいかがてすかね。

        情けないお人ですよ、

        返信
  4. 匿名

    塩田労働者の救済のために同和事業が利用されたとの
    宮部さんの推理ですが。
    根拠や裏どりが何もなされておりません。
    こんなの流布するのはイカンですよ。

    返信
  5. 姑息な宮部

    都合の悪い コメントは削除しちゃいましたね
    ジャーナリストとして恥ずべき行為です。

    返信
    1. 匿名

      本当ですね
      私のコメントも削除されてます。
      静岡に浄土真宗を信仰してる人のいる部落もあると
      宮部さんのユーチューブに反論しておいたのですが、、、

      返信

関連記事

学術・研究:部落探訪(281 後編)京都府 八幡市 八幡 六区

前回訪れたポンコツ街道は部落内ではなく、部落の南外れの、もともと田畑だった場所である。 昔から部落があった場所は、現在の八幡軸、八幡長田周辺の複数の小字にまたがる範囲で、昔の航空写真から、ここに住宅が密集していたことが確 […]

学術・研究:部落探訪(281 前編)京都府 八幡市 八幡 六区

今回は八幡市の「六区」という部落を訪れた。この部落は規模が大きく、見所も多いので、前編後編に分けて紹介する。 前編で訪れたのは部落の南側、京阪国道から分かれる道にスクラップ業者が集中している、通称「ポンコツ街道」である。

学術・研究:部落探訪(280)滋賀県 野洲市 小篠原 和田

野洲市小篠原と言えば、野洲駅と市役所ががある、野洲市の中心街だが、その地域の和田という地区が部落である。明治初期は10戸、昭和初期は51戸。1996年頃は205戸であった。 もとは低湿地帯の小さな村であったが、市街化地域 […]

学術・研究:部落探訪(279)滋賀県 近江八幡市 若宮町

近江八幡市若宮町は滋賀県内でも異色の部落である。中小森3部落の中では最大規模であるが、同和地区指定がされていない。その経緯は10年以上前の記事「同和地区指定を拒否した全国水平社初代委員長の故郷」に書いたので、ぜひ読んでい […]

学術・研究:部落探訪(278)滋賀県 近江八幡市 池田本町 住吉

中小森3部落のもう1つを探訪する前に池田本町住吉に立ち寄った。中小森に近いが、ここはかつての池田村であり、中小森3部落には含まれない。江戸時代は木原村、その後池田村枝郷西村となり、桐原村の一部となった後1954年に近江八 […]

学術・研究:部落探訪(277)滋賀県 近江八幡市 大森町

『近江八幡の部落史 くらしとしごと』によれば、かつての村名は「細工(さいく)」で、文字通り竹細工を作っていた。しかし、竹細工が村名の由来であるとは断定できず、地元の寺から「西久」と書かれた紙が出てきたというので、途中で漢 […]