学術・研究:部落探訪(218) 茨城県 古河市 小堤 下宿

カテゴリー: 部落探訪 | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:
By 宮部 龍彦

1935年、現在の古河市の下宿しもじゅくという場所に、29戸の部落があった。その場所は用意に見つけることができ、住所表記では小堤こつつみである。

まず印象的だったのは、小学校がすぐ近くにあり、空き地が多いこと。

白山神社は少し分かりにくいところにある。アイキャッチ画像の家の横の舗装されていない道の奥だ。しかし、そこには意外にも新しくて立派な公民館があり、神社は小さいがこれも比較的新しいように見える。

石碑には、諏訪、峯という名字が見える。

神社の社殿は、これも関宿の辺りの神社と同じ作りになっている。

古い家と新しい家が入り混じっており、新しい家の表札の名字は様々なので、ここも人が多く移り住んできているようだ。

そして、ここにも月待塔がある。古くからある村は、関宿と共通点がある。

古い家の表札は、やはり諏訪か峯が多い。ただ、諏訪については小堤や周辺地域に全般に多く、特に部落の名字とは認識されていないようである。

車の通りも人通りも多くなく、とても静かな住宅地である。

そして、住宅地として便利なのは幼稚園と小学校がすぐ近くにあること。

小学校開始のギリギリまで寝ていられるのが嬉しい。

これらの空き地は古い家が取り壊された跡なのかと思ったら、もともと田畑や空き地が多いようだ。砂利が敷き詰められて整地されているということは、これから開発されるところなのだろう。ここも、おそらくは未指定地区である。

宮部 龍彦 について

ジャーナリスト、ソフトウェアアーキテクト。信州大学工学部卒。 同和行政を中心とする地方行政のタブー、人権ビジネス、個人情報保護などの規制利権を研究している。「ネットの電話帳」管理人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

学術・研究:部落探訪(287)埼玉県 本庄市 児玉町下浅見

早稲田大学本庄高等学院の近くに部落があるようなので、特定してほしいとのリクエストがあった。そこも旧児玉町で、周囲に多くの部落があるのだが、その中でも学院に最も近い下浅見(しもあざみ)の部落の特定を試みた。 ここには戦前に […]

学術・研究:部落探訪(286)埼玉県 本庄市 児玉町吉田林

小林初枝『こんな差別が』には次の記述がある。 私の友人の弟で岩上姓なる青年が、部落外の娘と恋仲になりましたが、娘の親戚から、「せめてもう少し離れた土地の岩上なら、世間さまへいいわけもきくが、児玉で岩上といやあ、だれでもい […]

学術・研究:部落探訪(285 後編)埼玉県 本庄市 児玉町児玉 下町

前回に引き続き、下町の探訪である。そもそも「下町」とはどこの、どの範囲を指すのか、文献だけでは分かりにくかったが、現地を探訪するうちに次第に全容が分かってきた。 それを理解する鍵は、小林初枝『こんな差別が』で挙げられてい […]

学術・研究:部落探訪(283)山梨県 笛吹市 一宮町田中 西組

「国連NGO横浜国際人権センター山梨ブランチ」を取材するために山梨県を訪れていたのだが、地元の方から、山梨県の部落と言えば笛吹市の田中が有名と聞いた。未指定地区であるが、とある全日本同和会の幹部もここから出ているという。 […]