【速報】和歌山 民主系グループが 集団感染か

カテゴリー: 政治 | タグ: , , , | 投稿日: | 投稿者:
By 三品純

コロナウイルス第3波がいよいよ到来。全国的に感染拡大が懸念される最中、和歌山県民主党系周辺で感染者続出との情報を独自入手! 立憲民主党、国民民主党は「経済優先」の政府方針を批判し、「Go To キャンペーン」の再考を求める姿勢だ。ところが地方議会とは言えお仲間が感染とあっては示しがつかないというものだ。

菅首相は「マスク会食」を推奨しGoToイートへ理解を求める。これに対して野党は反発。争点化する構えである。だが民主系に集団感染とあっては攻勢も鈍るかもしれない? 話は和歌山政界に移る。

コロナウイルスが拡大し始めた5~6月頃、同県は「和歌山モデル」として対策が評価されたもの。ところがここにきて地元議員らの警戒感が緩んだのだろうか。

「11月9日のことですが、市内で国民民主党、立憲民主党双方の国会議員、自治体議員と連合和歌山の会合がありました。岸本周平衆議院議員、連合・池田祐輔会長も出席。なぜ国民、立民が同席したかはさておき、どうもこの場が感染源と疑われています」(地元記者)

民主系で感染との情報が報道、県市関係者の間で瞬く間に広まったという。しかし基本的に「大本営発表」がない限り自発的に報道できないのがメディアの泣き所。

和歌山市HPの報道資料(新型コロナウイルス感染症関連)の「感染症発生報告」(11月16日)に民主クラブの永野裕久市議が感染者として報告された。

その他感染者は匿名だが、議員という公共性が考慮されての実名発表である。

この人物、実は意外な過去があるのだ。2013年10月、とある政治パーティーの席上で当サイトも報じてきた連合自治会長詐欺事件の金井被告から暴行を受けた。多くの市職員や議員が金井にひれ伏す中で永野市議は屈服しなかったようだ。

だが感染は拒否できない。

「永野さんの感染源はどこや? と特定が始まったところ民主系と連合の会合が浮上したのです」(同前)

そして議員、事務局、連合関係者らが濃厚接触者としてPCR検査を受けることに。「検査の対象者は50人程度」(他党議員)との推測もある。

その中には岸本氏も含まれていた。

「すでに検査結果は陰性と出ています」(岸本周平議員事務所)

と検査を受けたことを認めた。岸本氏の場合は陰性で難を逃れたが、連合・池田会長が感染との内部情報も得た。連合和歌山に事情を聞くと

「9日に総会? いえ総会や会合ではなく打ち合わせなら確かにありました。池田会長が感染とは誰から聞いたのですか。それについてはノーコメントでお願いします。会場や参加人数などもお話できません」

との説明だが“ノーコメント ”と否定しなかった点が気になるところ。通常、5人程度の感染がクラスターの定義だ。すでに件の会合経由で3~4人の感染は確実視されている。

今後、検査結果次第では感染者増も否定できない。ならば「民主クラスター」と言いたくもなるが…。ともかく感染拡大にならないよう努めてもらいたい。

三品純 について

フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。 月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。

三品純 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【速報】和歌山 民主系グループが 集団感染か」への3件のフィードバック

  1. とある隣保館元職員

    三品さんがツイッターで和歌山ネタが後半年続きますと書いてましたが、うちの府県で半年ネタにされようものなら異動願い書きますね。

    三重県や和歌山の同業の皆様、明けない夜はありませんので頑張ってください。

    返信
    1. 三品純 投稿作成者

      ありがとうございます。
      あれは和歌山ネタというよりも二階ネタといった方が正確です。

      返信
      1. 三品純 投稿作成者

        【訂正とお詫び】
        記事でありました会合につきまして、その場では「飲食」を伴いませんでした。
        会合の内容は国民、立憲、連合が協力しあうという趣旨ということです。
        訂正して関係者の方にお詫び致します。
                                  

        返信

関連記事

【王将研究】大連撤退、稲森和夫、PCR検査…「王将人脈」にチラつく 同和と中国

餃子の王将、大東隆行社長銃殺事件の追跡取材。事件の一方で、王将周辺を探ると「中国人脈」が浮かび上がった。在大阪中華人民共和国総領事館と大阪市が共催する「中秋名月祭」実行委員長、王天佐氏がその一人。周辺情報によると王将が中 […]

【和歌山知事選】二階元幹事長 死亡デマを ファクトチェック!

「二階(俊博)さん何かあったんですか?」。今月9日まで著者のもとに自民党・二階俊博元幹事長の安否に関する問い合わせが相次いだ。そこでSNSなどを確認すると、コロナウイルス感染による二階氏死亡説が飛び交っていた。明確なソー […]

【スピリチュアル 日本】参政党信者が 崇拝する「アートテン農法」は ムー風味

先の参院選で話題になった「参政党」。同党関係者が関心を寄せる「アートテン農法」をご存じだろうか。宇宙情報を入れたカードを畑の四方に埋めれば「収穫量3倍」「品質向上」だという。“ オカルト農法”と揶揄する声もあるが、確かに […]

関西生コン、旧統一教会、辻元サンは 令和の疑惑の総合商社やで!

勇ましい政府批判、対して自身の疑惑には逆ギレ。左翼、野党、マスコミに共通するこの現象を地で行くのが立民・辻元清美参議院議員だ。長らく取沙汰された関西生コンとの関係のみならず旧統一教会系団体にも関与とはかつて自身が言い放っ […]

マスコミの“ 山拓”忖度が 物語る 統一教会報道は「アベガー目的」だ!

マスコミと野党議員のショー化した統一教会報道。「検証」というよりも「喧騒」の中で事情通らは「なぜ自民党・山崎拓元幹事長を報じないのか」という疑問を投げかける。通称“山拓 ”と呼ばれた大物の歩みは統一教会検証の重要情報にな […]

「安倍晋三」終焉の地、奈良の 元組長が 語った「非常に 特質な地域」の 意味とは?

安倍晋三元首相の終焉の地「奈良」。訳アリ地域なのは弊社の過去記事をご参考に。今回は“ 解放化する奈良自民”なるテーマで取材を始めた。そんな矢先、岩田國夫県議(自民会派)が奈良新聞社を相手取った民事訴訟を検証する中で、倉本 […]