ハッカーミミ Part2 ランサムウェア②

アバター By 鳥取ループ

不法な遺伝子操作で天才の遺伝子を注入された、神無川県生まれの猫「三川みかわミミ」が情報化社会の闇に立ち向かう! 毎週月曜日掲載。

※この作品はフィクションであり、実在の事件・人物とは関係ありません。

バックナンバーはこちら

ハッカーミミ Part2 ランサムウェア②」への2件のフィードバック

  1. アバター中村哲司

    【日本海新聞 2020年7月2日24p 地域総合より】

    小中学校で流れた曲の一節「女子力」
    「固定観念を助長」男女共同参画推進員が指摘

    鳥取県男女共同参画推進員は22日、倉吉市内の小中学校で流されていた同市出身のガールズバンドの曲「スタミナ納豆」の歌詞の一節の「女子力」との言葉が「女性の固定観念的なイメージを助長する」とした県民の苦情を審査した結果、男女共同参画の観点から「問題なしとはいえない」と指摘し、野川聡副知事に報告した。
    審査案件は5年ぶリ。曲はスタミナ納豆が給食で提供される日などに流された。
    推進員は、女子力という言葉を「男性が女性に期待する役割に応える力を指して使われることが多い」と分析。「筋力付くし女子力上がる」という歌詞のフレーズについて「男性は筋力で評価され、女性は容姿やしとやかさなどで評価されるといった性別による固定的な役割分担観念を助長する恐れがある」とした。
    その上で、教職員研修の一徹底や、県が作成する研修プログラムでの今回の事例の活用などを求めた。
    市教委などによると、曲を作ったバンドは「マーブルキッズ」。市内の小中学校にCDを配布し、1月の歌のお披露目の日と、2月にスタミナ納豆が給食に出た日に流れたという。2月下旬に推進員の聞き取りがあり、CDは回収。市教委はマーブルキッズに歌詞の変更を依頼している。
    野川副知事は「この件に限らず、普段見過しがちな言葉についても考えてみたいと述べた。
    .(岡宏由紀)

    鳥取ループさま。いつも動画を拝見しています(感謝)。さて、上記に記した日本海新聞の記事について動画にてコメントしていただければ幸甚です。

    返信
    1. アバター鳥取ループ 投稿作成者

      ありがとうございます。この話題について調べてみています。
      問題の意見書がこちらで公表されています
      https://www.pref.tottori.lg.jp/289889.htm
      県の男女共同参画施策についての苦情を受け付けているそうなので、マーブルキッズのCDが回収されたこと自体も苦情として受け付けてくれるのではないでしょうか。
      https://www.pref.tottori.lg.jp/35268.htm

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo