学術・研究:部落探訪(119) 東京都八王子市小比企町

アバター By 鳥取ループ

今回は、コメントでリクエストのあった八王子の部落を探訪した。最初に訪れたのは小比企町こびきまち。1935年の記録では19世帯とある。

ここにも白山神社があるのだが、近くの稲荷神社に合祀された白山神社もあると言われており、両者の関係は事前調査では分からなかった。その謎を解くまでは帰らない覚悟で探訪してきた。

この稲荷神社には少し広い駐車場がある。この神社を参拝してから探訪を開始した。

神社の中を散策してみたが、白山神社がここに合祀されていることを示すようなものを見つけることはできなかった。神社の近くの社務所は民家のようだが、誰もいなかった。後で住民に聞いたところでは、現在社務所は人に貸しているような状態で、神主がそこにいるという訳ではないそうだ。

神社の近くに広い公園がある。

公園の中に区画整理事業の竣工記念碑を見つけた。平成初期に行われたものらしい。戦後間もない頃の航空写真では稲荷神社の周辺に家が見えるだが、区画整理に伴って移転した可能性がある。

稲荷神社の近くを流れる湯殿川。昔は曲がりくねっていたが、河川改修によりまっすぐな流れになった。このような場所では川は集落の境界とは無関係である可能性が高い。

川には鵜がいて、写真を撮っている人がいた。

これは神社の前にある地蔵。

川と反対方向に歩くと、北野街道がある。

街道の北側にも古くから集落があった。ここに長慶寺がある。臨済宗の寺だ。

この近くに白山神社があるらしいので、由緒等を寺で聞こうとしたが、残念ながら今日は住職は不在ということだった。

神社から丘の上に鳥居が見えるので行ってみると…

ここが白山神社だ。

とても小さな神社だが、手入れされている形跡がある。

ということは、白山神社の周囲のこの辺りが部落なのかも知れないが、そのような雰囲気は全く無い。おそらくは古くからの農家と、とても新しい大きな家が入り混じっている。

白山神社について知っている人はいないか通りがかりの老人に聞いてみると、湯殿川を渡って向こう側に丹木たんぎさんという家が多い一角があり、それらの家が古くからの一族だと言う。稲荷神社の総代もいらっしゃるので、その中でも豪邸の人に聞くと分かるとアドバイスを頂いた。

言うとおりに歩くと、丹木だけの墓石の墓地がある。どれも立派で、おそらく丹木さんが小比企町の部落の家系ということではないと考えられる。また、墓に○が彫られているので、禅宗、つまりはさきほどの臨済宗長慶寺の檀徒と考えられる。

しかし、ここは明らかに小比企町一丁目町内会の区域で、長慶寺の辺りから湯殿川を渡った先まで同じ町内会なのだ。

稲荷神社と白山神社の関係を聞くことが出来た。

結論から言えば、長慶寺の近くにある白山神社こそ稲荷神社に合祀された白山神社そのものである。そして、あの白山神社の土地は稲荷神社の土地なのだ。

白山神社はもともと稲荷神社の枝社として存在し、もっと大きかったのだが、ある時期に稲荷神社の合祀され、現在のような形になったのだという。その時に、白山神社の氏子は稲荷神社の氏子と一緒になった。なお、稲荷神社は小比企町全体の神社で、かつては小比企町だった緑町の一部も含めて、7つの町内会が氏子なのだという。

今は白山神社は周辺の7~8軒で管理しており、もちろん同じ小比企町一丁目 町内会なのだという。

また、思ったとおりこの辺り一帯は臨済宗の檀徒だそうだ。ただし、白山神社の辺りは大林寺の檀徒もいくつかあるという。

大林寺の方へと歩くと鳥居があったが、これはおそらく個人宅の稲荷社だろう。

もしかすると時宗か浄土真宗かと思ったが、禅寺とあるので禅宗だ。調べてみると、曹洞宗らしい。

ここも融和し解放され、もはや差別を蒸し返し様のない部落の1つなのだろう。

学術・研究:部落探訪(119) 東京都八王子市小比企町」への32件のフィードバック

    1. アバター鳥取ループ 投稿作成者

      ご指摘ありがとうございます。すると、部落は大林寺の方ではなくて、長慶寺の東側だった可能性がありますね。

      返信
      1. アバター由井

        学術・研究とか書いていても全く図書館で調べていないね。
        いつもの詳しい人には会えなかったか。
        https://maps.app.goo.gl/pMZRG
        この辺りが白山神社があった中居。
        そから東に行くと両社前公園がある。
        西に行くと高札場で名主一族の磯沼さんが多い。
        磯沼さんに聞けば良かったのに。

        返信
        1. アバター鳥取ループ 投稿作成者

          すみません、文献の読み込みについては、ここでコメントしている賢人の方々に勝てません。ぜひ由井様と一度お話してみたいものです。

          返信
        2. アバターしんしん

          そんなに偉そうで詳しいんでしたら、御自身で調べて、ここにコメント下さればいいのに
          手間が省けていいじゃない

          返信
          1. アバター金と書いてコン

            なんで動画でやった在日朝鮮人ばかり住んでいる一廓を書かないんだ?
            手前右の家の(有)PワードってIT関連会社だよな
            あそこの住民でネット工作したらかなり強力だな

      2. アバター山田

        バス停明の下小比企と旧小名の下小比企は場所がやや違っていて、20世紀初頭~の地理院地図では、のちに小比企町から分離する緑町の少年院あたりが下小比企です。
        下小比企バス停の200mほど西側の廃業した食堂の脇から急坂(由井の壁、作り坂)があり京王線路を超えて緑町の姫竜神(少年院の東側)に至ります。この辺りの緑町には近年まで住宅地の中で牛飼いがあった。

        返信
        1. アバター鳥取ループ 投稿作成者

          ということは、特定を間違えた可能性もあるのでしょうか…

          返信
          1. アバター山田

            手がかりがなさそうなので、難しいですよね。
            2本の川筋のうち、湯殿川は流路改修が進んでいますが、もう一つの山田川はいまだに上流〜中流は手付かず、まわりも細くて曲がりくねった道ばかりで、上記の牛飼いしてた家とか、そのあたりに文化住宅みたいな古い団地があります。雰囲気的にはそっちかと思うのですが。小比企の北から緑町の方の旧下小比企に、斎場、雇用促進住宅(公社団地)、少年院といった施設が並んでいるし。

  1. アバターブラッキー

    「差別をなくそう」ではなく「学術・研究」に変わりましたね
    どちらにしろイチャモンはつけられそうですが、、、

    返信
    1. アバター鳥取ループ 投稿作成者

      本当の意味で学術研究だし、差別解消を目指しているからこそ、法務省はあのような対応を取ったのだと思います。偽装だと思うのなら、そのことを示せばよいだけですから。

      返信
  2. アバター善兵衛

    おおお、懐かしいところがいっぱいw
    まさに小比企に下宿してたので。
    部落だって全然知りませんでした。ちょいちょい変わったところだなあ、的な印象はありましたけど。
    そういえば、柔道の小川直也はこのあたりの出身ですね。

    返信
    1. アバター鳥取ループ 投稿作成者

      お住まいだったのですね。ご承知かと思いますが全体が部落だったわけではないです。どの範囲が部落だったのかはさすがの私も分かりませんでした。

      返信
  3. アバターミスター

    八王子(小比企)探訪ありがとうございます!白山神社と稲荷神社は密接な関係にあるのですね。合祀されて今現在の形になったという事は、当時は違う場所に違う形で存在していた可能性があるという事でしょうか?
    東京は部落解放が進んで融和された地域が多いですが、部落がそこにあったという痕跡を見つける事が部落探訪の醍醐味だと自分は思いますし、部落ファンとしてはたまりません。今回の小比企には確実に部落は存在していたという事ですよね?歴史を知る事で、部落とは何なのかという事を考えさせられます。
    八王子は興味深いところが他にたくさんありますよね。今後もぜひよろしくお願いします!

    返信
    1. アバター鳥取ループ 投稿作成者

      過去の地図によれば、白山神社はずっとあの場所にありました。おそらく、今のように小さな祠だけではなくて、社殿もあったのだと思います。

      返信
      1. アバター糠信

        風土記稿が中居に有ったと書いているからずっとあの場所にはないよ
        バス亭の中小比企の辺りの小山辺りに白山神社が有った

        返信
      2. アバター金と書いてコン

        新編に中居に有ったと書いている
        今昔マップなんか移動後だろ
        自分で動画タイトルに何故、時田に移動したか云々にしているだろ
        朝鮮人の一廓で何時から何故、固まって住んでいるかを聞けばヒントは貰えたかもよ

        返信
  4. アバター

    いつも興味深く拝見しております。

    京都市北区の楽只(ラクシ)にいらっしゃったことはありますか?
    この地域の小学校である145年の歴史がある京都市立楽只小学校が今年度いっぱいで閉校します。
    http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?id=101301

    洛北のこの地域は、船岡山や蓮台野また砂防ダムにも近いところです。少し足を伸ばして大北山(原谷や鏡石など)や鷹峯なども廻られると非常に趣深いと思います。

    返信
    1. アバター鳥取ループ 投稿作成者

      いえ、まだ未探訪です。例の砂防ダムの目と鼻の先なのですね。ついでに行けばよかったです。
      オールロマンス事件ゆかりの京都市内の部落巡りという企画をいずれやりたいですね。

      返信
  5. アバター山上

    全国部落調査には下村とは書いていない水平資料か
    一応、下向という小字が有り下向公園があるのが丹木さんが住んでいる所
    新編でいう土人は小坂さんと糠信さん
    大丸と取引したくらいの織物業が盛んで絹の道だから儲かっていた頃の八王子市泉町とは交流があったはず
    磯沼さんや小坂さん糠信さんに聞いたらよい

    返信
  6. アバターミスター

    仲居にあったという事は大林寺の近辺かな?四十級の石坂ってどんな感じだろう?結構立派な神社だった感じがする。
    しかし合祀されてなぜ同じ境内にないのかな?しかもあんな未開の地のようなところにひっそりとある所が気になる

    返信
  7. アバター放浪人

    線路を挟んだ北側の市営霊園のそばに萬福寺という寺があります。市史によると白山神社の別当寺だそうですが、この神社のことなのかどうか。
    16号の近くには釜貫の白山神社がありますが、小比企とは無関係でしょうか。

    返信
    1. アバターミスター

      市営墓地の萬福寺は可能性大ですね。機会があったら聞いてみたいです。
      釜貫の白山神社も気になりますね。あそこにも部落があったんですかね、小比企よりもちゃんと祀られてます。

      返信
      1. アバター放浪人

        どうも萬福寺が白山神社の別当寺でよいみたいですね。稲荷神社もそうなのかな?
        萬福寺は高幡不動尊の末寺らしいので、真言宗智山派ですね。

        釜貫の白山神社を手入れしてる人を見たことがありますが、神社の南側のすぐ側に住んでると言ってました。
        以前は他の場所にあったのを、移転したらしいです。
        釜貫は小比企の隣接地ですから、なんらかの関係はありそうですね。

        返信
  8. アバターミスター

    釜貫の白山神社も元々は別の場所にあったとはこれまた何らかの歴史がありそうですね。小比企との関係もありそう。
    八王子各地にあった多数の白山神社は現存してないものや合祀されたものがほとんどですが、そこには部落が存在していたんですよね。歴史を感じます。
    手入れをしてる人達は町内会でやっているんですかね、今後もぜひ守っていただきたいです。

    返信
    1. アバター放浪人

      この神社は、町内会というよりも氏子?(有志?)によって守られているように思われます。
      同じ敷地内にあるのは町内の自治会館?のようです。

      小比企から片倉、由井、越野にかけての丘陵地には、名も知れぬ祠や台座の跡がよく見られますね。そういえば、堀之内の保井寺の境内には白山神社の祠が祀られてます。

      返信
      1. アバターミスター

        堀之内にも部落があったんですね、八王子多いですね。
        そういえば小比企の白山神社の近くに、何かがあったのかな?というような少し開拓された場所があったので何か関係あるのかな。祠や台座の跡はなかったですが。
        小比企の続編があったら嬉しいですね

        返信
        1. アバター南朝貴種流離譚

          白山神社は禅宗寺の境内に有るし勝手に決めつけないように
          ルーツは同じでも上手く脱賎民したのと明治期まで続いた所は違う

          返信
        2. アバター鳥取ループ 投稿作成者

          白山神社があるだけでは必ずしも部落とは言えないのではないでしょうか

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です