全国部落調査の再発見は何故都合が悪いのか

By 鳥取ループ

去る4月7日、示現舎の事務所に横浜地方裁判所川崎支部の通知書が置かれていた。要は、不在だったのでピッキングして勝手に中に入りましたということなのだ。

執行官で電話で聞いてみると、全国部落調査を差し押さえる仮処分の強制執行を解放同盟側が裁判所に申し立てたのこと。当然、現物は存在しないので強制執行も空振りに終わり、その旨の調書を作るということである。

プライバシーだ、人格権だと言いながら、ありもしない本を探しに、他人の住居にピッキングして入るというのは、本末顛倒もいいところだろう。

さて、そして同時期に筆者に対して再び仮処分の申立てがされた。

ウェブサイト削除等仮処分命令申立書-H28-4-4.pdf

審尋期日呼出状及び答弁書催告状-H28-4-8.pdf

今度は「同和地区Wiki」等に掲載された全国部落調査の削除を求めるというものだ。

仮処分の審査のための審尋期日は4月18日10時、横浜地裁相模原支部である。

それにしても、なぜ解放同盟は「全国部落調査」をここまでして隠したいのだろうか。

理由の1つは、部落地名総鑑は差別図書だと言ってきたのに、実は元ネタが融和事業の資料だったという事実が彼らのメンツを潰したことである。解放同盟は部落地名総鑑自体は差別ではないと言った広島法務局呉支局総務課長や塩見鮮一郎を批判したが、彼らの言ったことが正しいことが証明されてしまった

要は、差別目的で作られたものであろうと、部落解放の目的で作られたものであろうと、部落リストは部落リストであって、それが差別かどうかはそれを使う人次第ということなのだ。

もう1つの理由は、全国部落調査の内容を精査すると、今までのステレオタイプな部落像が大きく変わってしまうことだ。

全国部落調査によれば、ほとんどの部落の産業は農業である。部落と言えば肉屋や皮革というステレオタイプは明らかに間違いで、こちらのページのように、むしろ一部の部落だけにしか当てはまらないようなことを、あたかも全ての部落に当てはまるかのように言って偏見を広めたのは解放同盟ではないかということが疑われるのである。

また、富山県には233の部落が掲載されているのに、戦後指定された同和地区は1つもない。石川県、東京都、東北各県でも同じ状況がある。

部落の位置情報が公になると、解放同盟だけが、誰が「被差別部落出身者」かということを恣意的に認定できなくなる。「お前は地区外だから差別者だとか、君は地区内だから“きょうだい”」だと都合よく言えなくなる。

自らを「被差別者」とすることで同情を集めることで作られた、ある種の権威が崩壊してしまうのである。

さて、今回の仮処分の請求は「鳥取ループは今後一切全国部落調査の内容を公言するな」という強力なもので、これもまたあり得ないようなものだが、横浜地裁の例からすると、また仮処分が通ってしまう可能性はある。しかし、また大きく報道されるという二番煎じがあるのか、そこまでは予想がつかないところである。

全国部落調査の再発見は何故都合が悪いのか」への34件のフィードバック

  1. 匿名

    法には法でしか対抗できません。応援はしてますが、あなたもこのように大々的に活動されてる=強烈は尻持ちがいると想像してしまいます。相手が相手ですから、西日本出身者ならわかると思いますが・・・・・
    法律で対抗お願いします。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      ありがとうございます。今回の件については、断固として対抗します。

      返信
  2. 斉藤ママ

    強制執行は鍵屋に開けてもらうんですよね。家賃払わない借家人を追い出す時に
    執行官にやってもらうみたい。でも、ループ氏のケース、
    合法的な泥棒ではないですか、お財布や通帳は盗まれませんでしたか?
    裁判もやっていないんですよね。こんなやり方があるなんて…。
    こういう事にルールはありません。日本に正義はなく、お金を持つ人が司法も
    動かしているという証拠でしょうね。

    返信
  3. 斉藤ママ

    それにしても債権者が部落解放同盟っておかしすぎる。
    こういうのを通す裁判所、頭大丈夫か。

    返信
  4. pigumo

    グルグルオークションで昨日購入したものですが、振込先のメールが来ないです。
    グルグルオークションは初めてなので私の方で不備があったのかもしれません。
    お手数をお掛け致しますがお返事お待ちしております。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      ぐるぐるオークションでは2日に1回落札の処理が行われるようにしていますので、ひとまず明日の夕方くらいまでお待ち下さい。

      返信
  5. ジャパニーズオンリー

    こういうやり方のたいしてすごく憤りを感じます。絶対に許せません。部落地名調査は解放同盟とは全然関係ないこと。奴らは複数ある部落団体の一つにすぎません。ほかの団体、同和会などは何もしないのにどうして解放同盟だけこういう暴挙に出るんだ。むかつき、怒り、悔しさ、何と言っていいのかわかりません。
    奴らは唯一絶対の部落団体で部落問題に関する警察権を有しているんだ、とでも思っているんでしょう。とんでもない勘違いです。こんなことしているようでは部落差別など未来永久に解消しません。ずっと差別されていればいいんだと思います。一番の犠牲者は解放同盟とは関係のない部落民衆ということを奴らにはわからないのでしょうか。部落民が「怖い」と思われるのも解放同盟の暴力体質のせいです。一人ひとりの部落民は人間ですから中には強面の人もいるでしょうがほとんどの人はそんなことない普通の人でしょう。

    奴らはわかっていない。部落の地名をずっと隠してきても差別は解消していないということ。部落の地名を知る権利は解放同盟が独占的に有するものではない。広く国民が知ってこそ部落に関する関心を国民各層に持ってもらい考えてもらうことが大切なのに。
    部落差別はこれからも続きますよ。

    返信
  6. ジャパニーズオンリー

    部落地名総鑑があると差別されるというならば差別されていろよ。
    結婚の時に身元調査されるのは当然のことだ。とにかくむかつく。
    地名総鑑がそんなに嫌いか。部落の地名を抹殺することは部落を抹殺するのと一緒だ。未来の人が部落のことを調べようとするときにどうやって取り掛かるんだ。
    6000部落があるというのならば6000通りの歴史がある。部落の人がこれまで築いてきた生活のあゆみも闇に抹殺する解放同盟。
    どうしても地名総鑑を抹殺するのならばお前たちも持っている地名総鑑を処分しろ。
    お前たちだけは地名総鑑を持っていてもいいというのは虫が良すぎる話。
    鳥取さん絶対に負けないでください。私にはこうして書き込むことしかできないが心から応援しています。
    地名総鑑は世界遺産

    返信
  7. 車善七

    ウルトラマンに勝った怪獣は唯一ゼットンだけ

    ウルトラマン目線でおよそ会話が通じる雰囲気ではないゼットン

    敵は小林パイセン筆頭に破落戸が正義を騙る破廉恥なウルトラ警備隊 ですが

    私は示現舎にゼットンの如く在って欲しいと思ってます

    返信
  8. 匿名

    立会人も居ないのにピッキングして入るって、まるで泥棒と変わりありませんね。
    解放同盟に屈した連中に平等、人権を考える頭は無い。
    解放同盟にヘコヘコするだけの言いなり。

    返信
  9. 匿名

    壬申戸籍編成時の世帯毎の職業は、全く農業を行っていない限り農と記載するようにと示したマニュアルを見たことがあります。
    全国部落調査の時もそれと同じ様にカウントをしていませんかね。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      そのようなマニュアルがあるとは知りませんでした。
      確かに全国部落調査の職業欄は不正確であると思います。
      しかし、食肉や皮革が多くの部落の産業ではなかったというのは事実ではないかと思います。
      やっぱり食肉や皮革というのは特徴的な産業なので、調査者の印象に残るはずで、それでも農と書いたのは少なくとも他の産業だったのではないかと。

      返信
  10. 名前

    解同の片岡に電話して怒られたそうですが、具体的にどんなことを言われたんですか?

    返信
      1. 名前

        普通、解同の「差別糾弾」で対話拒否するのは「差別者」とされた側ですが、今回は解同の方が対話拒否しているということですね。珍しいケースだと思います。

        対話を通じて「差別者」に自己批判を求めるというのが「糾弾」の建前だと思いますが、解同としては、鳥取ループさんのことをもはや糾弾不能と見なしているということでしょうか。しかし、鳥取ループさんの問題提起に何ら答えることなく差別だ差別だと喚いているだけではあまりに頭が悪すぎますね。人を吊るし上げるだけの空疎な「糾弾闘争」を続けてきた結果、頭の中が空っぽになってしまった、それが解同の現状かもしれません。

        返信
        1. 鳥取ループ 投稿作成者

          そう言えば、ヤフーには抗議文を送りまくったみたいなのに、示現舎には抗議文は1つも来てません。
          訴訟の書類は来ますが。

          返信
          1. 斉藤ママ

            これは謎ですね~~。@@
            ループさんに、ボロ負けしたという事?

            私とか、同和と朝鮮の悪口をいっぱい書いているのに、一通も抗議文がありません。集団ストーカーもありません。平和。

  11. ジャパニーズオンリー

    40年前の地名総鑑の時には発行者が企業の人事担当宛にチラシを郵送して購入を進めたという
    購入者は企業に限定され個人は買っていないだろう。だから解同が言う就職差別に使用されたという屁理屈も通るかもしれない。強制的に差別に利用したと認めさせて糾弾という名の暴力と脅迫で地名総鑑を弾圧した。

    しかし今回のループさんの場合は広く一般人を対象に誰でも購入できるように販売される。勿論企業の人事担当が購入しない保証はないがほとんどは一般人、個人であろう。差別のために使われるという証拠を解同は示せるのか。普通の人が興味半分で部落の地名を知りたいという知的欲求や部落史の学者が研究のために使用したいケースを持解同は奪う権利はない。むしろこれを機に部落に関心を持ってもらういい機会と肯定的にとらえるべきだ。普通なら自称部落団体である解同がするべきことをループさんがやろうとしている。解同はループさんに感謝してもいいくらい。部落に関心を持つことすら解同は許そうとしない。これでは部落とはいったい何なのか一般人には理解できず、それなら差別していればいい、というこれまでの認識のままになってしまう。
    「臭いものにはふたをしておけばいい」ということらしい。今回ループさんを強制的に発行停止させて糾弾して、解同の思うとおりに万一進んだとしても結果の先送りで問題の解決にはならない。もっともループさんは解同の思うようになるような軟弱な方ではないが

    返信
  12. 匿名

    そもそも、PDFでフリーダウンロードできてしまってる時点で、解同の負け。
    試合で負けたから、「喧嘩」で勝つと言う行為は、正直部落解放同盟は、目的を失った只だのタカリ屋もとい、乞食の物乞いとしか見えません。

    非認定地区は、解同の介入が無かったから、最初は貧しくて多少の差別が有ったかもしれませんが、乞食の物乞いから脱却出来たと思います。

    そして平成の現代で、解同の愚かさだけが、目立っています。

    返信
  13. 山岸

    解同も同和地区に関する情報を完全に公開するか、ひたすら隠すのか、はっきりとしたスタンスを決めて欲しい。
    公開するのであれば、全国の同和地区の住所、職業、同和地区を校区に含む学校や解放会館の位置など、ありとあらゆる情報をネット上でも図書館でも見られるようにするべきだし、隠すのであれば確認会も即刻廃止して解放新聞などの機関紙を廃刊するのが筋だろう。

    現在のように何が差別かを解同が決定し、同じ発言でも解同の人間かどうかで糾弾の有無が決まるという馬鹿げた状況では100年経っても何も変わらない。

    返信
  14. 佐藤くん

    今回の貴兄の勇気ある行動について強く支持いたします。
    ただ、自宅住所等が判明しているので変な人たちが集団で押しかけて騒がないか非常に心配です。
    不当逮捕されるような心配はないのでしょうか?
    捜査されたら、過去に意見を述べたり情報を提供した人たちにも波及するのでしょうか?
    どうか、屈しないで最後まで闘い続けてください。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      80年前の本を復刻して逮捕されるなら、戦中戦前以下です。

      返信
  15. 匿名

    解放同盟から見れば、今回の事件はすでに手遅れかと。PDF化して、ダウンロードし放題の状況ですから、回収はもう不可能です。仮に、同和地区wikiを閉鎖したところで、大勢に影響なし。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      ミラーサイトもできているので、結局誰かがまた拡散させるのではないかと思います。

      返信
  16. 匿名

    提案

    今度、解放同盟の西島や組坂に追う機会があれば、ジョセフ・マーフィー書をプレゼントしてはどうでしょうか。世の中は潜在意識が働いており、引き寄せの法則により引き寄せられる。

    解放同盟が暴力的な似非同和団体で、いつまでたっても差別が解消されないと主張する理由は、マーフィー本を読むと説明できます。

    つまり、「差別されている差別されている」と主張したり、くだらない企業研修を強要したり、また、差別を受けてきた暗い過去をことさらに強調することで、負のイメージが潜在意識に強く焼き付けられることとなり、その結果、いつまでたっても差別は続くし、不祥事体質の組織も改善されないのです。

    3月に、管理人が西島と面談したとき、西島は部落に対して卑屈になっていたことも、引き寄せの法則や潜在意識を知っていると説明がつくのです。

    大塩平八郎の乱のとき、多くの部落民が立ち上がったことや、解体新書の功績など、光の側面にもっと敏感になれば、明るい未来が開けてくるのです。

    この国におけるマーフィーの法則の実践者といえば、渡部昇一(ペンネーム「大島 淳一」の名で紹介本を書いた)です。彼は、広島で多くの学校関係者が自殺に追い込まれた際、解放同盟を批判していました。

    つまり、潜在意識を適切に使えば、解放同盟の圧力に屈することはなく、また、解放同盟自身この法則を実践することによって、全く別の団体に生まれ変わることができるのです。

    返信
    1. 鳥取ループ 投稿作成者

      ごめんなさい、マーフィー本は昔流行ったのは知ってますが読んだことはありません。

      部落民の光の側面と言えば、解放同盟の研究者でも最近は提唱するようになってきてますが、今回の解放同盟の申立書を見ると、運動体は相変わらず古い考えにしがみついていますね。今では否定されている、部落民が下層身分だったとさらりと書いてありますし。

      塩見鮮一郎が解放同盟と決別したのは、そういった事情があったのだと思います。

      返信
      1. 匿名

        昔はやっていたとありますが、今でもそれなりに売れています。もしよろしければ、時間があるときに、大島淳一が初期のころ書いた本をを読んでみてはどうでしょうか。これを読むと、部落解放同盟がここまで腐った理由がわかります。つまり、潜在意識、引き寄せの法則が悪い方向に働き続けているのです。日頃から悪い言葉を使い続けているため、悪いものをどんどん引き寄せているのです。

        たしかに、マーフィーの法則は似非科学的な側面もあり、批判もありますが、読んでみると、部落解放同盟がどんどん腐り続けている理由について、説明がつくのです。

        返信
          1. 匿名

            いわゆるマーフィー本は、多くの人に訳され、国内にいろいろ出回っています。また、潜在意識が人生に与える影響については、マーフィー以外にも多くの論客が指摘しているところです。

            無難なのは、大島淳一(=渡部昇一のペンネーム)の書いたものが良いと思います。大島淳一は、この手の本をたくさん出していますが、「マーフィー100の成功法則」(三笠書房)なんかはどうでしょうか。

            たとえば、p92
            「34 嫉妬心は確実に富と成功を遠ざける」
            なんかは、西島に読ませたいですね。
            また、p62
            「20 子守歌のごとく繰り返された願いは必ずかなう!」
            とあります。つまり、「差別されている差別されている。差別はある差別はある」と、頻繁に唱えている解放同盟は、絶対に差別を解消できないのです。これも西島に読ませたいですね。

            ほかにも、ムック本として手軽に読めるのは、渡部昇一の名で出した、「マーフィーの成功の法則」(マキノ出版ムック、「ゆほびか」特別編集)も手軽に読めます。

            マーフィー本以外で、潜在意識活用を説いた本で、解放同盟の西島に読ませたいのが、「宇宙に上手にお願いする「共鳴の法則」」(サンマーク出版、ピエールフランク著、中村智子訳)です。上手にお願いするシリーズも、解放同盟が混乱に陥っている理由を説明するのに活用できると思います。

            これら書籍は、実は解放同盟の問題点を鋭く突いていると思います。このサイトを読みに来るみなさんは、ぜひ買って読みましょう。

          2. 鳥取ループ 投稿作成者

            うーん、解放同盟関係者は読まなそうな内容ですね。

  17. 名前

    海原壱一が1970年代に所有していた地価3億円の鯨御殿は、現在どうなっているのでしょうか。太地町森浦にあったそうですが、ひょっとするとワールドドルフィンリゾートというのが別邸の跡地でしょうか?

    返信
  18. 匿名

    ツイッターより、全国部落調査発表から3ヵ月表だって、問題が無かったことが、少し不安です。

    解同は、なんでも有りの暴力組織なんで、そろそろ自作自演をしてきそうなんで、警戒が必要です。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です