タグ別アーカイブ: 東京

てるみくらぶで浮上した宗教団体
「大星教会」とは何か?(後編)

「♪ 愛、それは甘く 愛、それは強く♪」 宝塚歌劇団の『ベルサイユのばら』の劇中歌『愛あればこそ』が太極殿(神殿)に響き渡る。4月29日に開催された大星教会「開祖副開祖記念祭」の式典の一幕。教会の開祖・宇津木(うつぎ)正 […]

てるみくらぶで浮上した宗教団体
「大星教会」とは何か?(前編)

今年3月に発覚した旅行代理店「てるみくらぶ」の経営破綻は、多くの人が知るところだろう。およそ9万人もの旅行者に影響が及び「旅行先のホテルで突如、宿泊を拒否された」「航空券が発券してもらえない」といったトラブルがツイッター […]

部落探訪(20)東京都国立市谷保

全国部落調査事件において、裁判所に部落解放同盟東京都連合会国立支部の宮瀧順子支部長による陳述書が提出された。その中で、国立市の部落について詳細に説明されていたので、実際に探訪してみた。 国立市の部落は国立市谷保(やほ)に […]

移転間近東京都人権プラザに行ってみよう

大阪の「リバティおおさか」は、橋下徹氏が府知事時代にその展示内容を疑問視し、さらに現在は府から立ち退きを求められて裁判中であり、何かと話題に事欠かなかった。 一方、東京にも全く同じような施設があるのだが、こちらは不思議と […]

故郷の家・東京で見えたネットと在日社会の深層

東京韓国学校の旧市ヶ谷商業高校跡地貸与問題で揺れる現在、思わぬ“とばっちり”を受けたのが「故郷の家」である。同施設は、「社会福祉法人こころの家族」が”梅干しとキムチのある老人ホーム“をコンセプトに在日コリアンと日本人の高 […]

「貧乏人は東大に入れ」と言った舛添都知事が東京韓国学校を熱烈優遇中!

横暴か国際親善か? 舛添要一都知事が東京韓国学校(東京都新宿区)へ旧都立市ヶ谷商業高校跡地を有償で貸し出す意向に、激しい反発が起きている。舛添都知事は、2014年7月に訪韓し朴(パク)槿恵(クネ)大統領と会談した際、韓国 […]

部落探訪(1)東京都荒川区荒川8丁目

部落、あるいは同和地区と呼ばれる地域には不思議な魅力がある。 公式には差別される地域であり、行政的にはその場所は半ば秘密とされること自体に興味をかき立てるものがあるが、実際にその地を訪れると実に多種多様な部落があることが […]