タグ別アーカイブ: 岐阜

“命のビザ”杉原千畝一族の
遺言闘争の中身

第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に勤務していた外交官、杉原《すぎはら》千畝《ちうね》は、ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人ら難民6000人を救出するため、外務省の方針に反し大量のビザを発給した-- 同じく大戦 […]

石井輝男前解放同盟
岐阜県連執行委員長の
同盟葬パンフの中身

先に報じた“同和の会長の殺人未遂事件”こと瑞穂市会社役員殺人未遂事件で懲役5年の実刑判決を受けていた部落解放同盟岐阜県連前大垣支部長の石井《いしい》涼也《りょうや》、同盟員で観光会社社長の下城《しもじょう》信彦《のぶひこ […]

殺人未遂事件の裏で垣間見えた
「自由同和会王国・岐阜」

部落解放同盟岐阜県連元大垣支部長の石井涼也氏の殺人未遂事件は、同和枠融資、公共事業における同和企業の優位性といった問題を浮き彫りにした。 それとは別に、岐阜県は「自由同和会」がとても強いこと。これも今回の取材を通して痛感 […]

新刊『同和の会長』殺人未遂事件
キンドルで発売中です

「山口尚晃部落解放同盟岐阜県連書記長は部落出身者でない」示現舎に寄せられたメールをきっかけに、部落解放同盟岐阜県連合会大垣支部長による殺人未遂事件を徹底取材しました。 4日間にわたって行われた裁判員裁判を全て傍聴。もちろ […]

部落探訪(18)
岐阜県養老郡養老町三神町

岐阜県の部落と言えば、圧倒的に養老《ようろう》が有名である。具体的には、養老町|三神町《みかみまち》のことで、ここは食肉でも有名だ。 昭和初期には251世帯だった部落が、1975年には645世帯にまでになったとされる。

岐阜県瑞穂市殺人未遂事件
2名に懲役5年判決

「被告両名にそれぞれ懲役5年(求刑8年)を処す」 18日、岐阜県瑞穂市の元会社役員・山崎|光実《てるみ》さんに対する殺人未遂罪を問われた判決公判が岐阜地裁で開かれた。沈痛な表情を浮かべ被告席で判決を待つ石井|涼也《りょう […]

岐阜県瑞穂市殺人未遂事件
解放同盟大垣支部長の被告に求刑8年

2015年1月8日の夜、岐阜県瑞穂市で会社役員の山崎《やまざき》光実《てるみ》氏が、目出し帽をかぶり、包丁を持った男に襲撃され、重傷を負った。後にこの事件で4人が殺人未遂で逮捕され1人が不起訴となった。 今年の10月4日 […]